エルケアル 

*

なかなか寝付けない、まだスマホを見ていませんか?寝付けないときにしたほうがいいこととは?

   

早い時間からお布団に入っているのに、なかなか寝付けない。

薄暗くして、静かにして、食事だって早めにすませたのに。

今日こそはたっぷり寝て疲れをとろうと思っていたのに。

こういう悩みって多いですよね。

逆に、まだ眠気がきてもらっては困る、という時に限って強い眠気が来たり・・・・・。

睡眠って、どうして思い通りにいかないものなのでしょうか?

悩みばかり抱えていては、眠るのも不安になってしまいますね。

今回は寝床に入ってから、眠りにつくまでに時間がかかる場合の原因と対策についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

眠気が来ない原因

眠れないということに対して一番大きな原因は、「眠くない」ということです。

眠くないのに寝よう寝ようとしてもそれは無理です。

例えばたっぷり睡眠をとった後は眠気もないわけです。

そんな時に眠くなりたくてお布団に入っていてもなかなか寝付けないものです。

それと同じで、睡眠に自然に入るための眠気というものが来なければどんなに時間をかけても眠れません。

そんなのわかっている。

わかっているけど、眠らなくちゃ明日の仕事に差し支える。

睡眠とらなくちゃ明日がしんどい。

そういう焦る心もまた、自然な眠気から遠ざかる理由でもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

眠くなるためには

では、眠くなるためにはどんなことが必要なのでしょう。

  1. 身体がほどよく疲れている
  2. 睡眠が足りていない
  3. 強すぎる空腹感がない
  4. 睡眠をとれる環境である
  5. 睡眠ホルモンが出ている

などが必要になってきます。

その他に、自律神経の働きも関係してきます。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。

この中で「副交感神経」が優位に立っていることが眠るために必要になってきます。

副交感神経が優位に立つと、

脳の活動がゆるやかになりリラックスできている

状態になります。

ようするに、

脳がリラックスした状態を作ってあげること

が大切になってくるのです。

脳のリラックスを妨げるもの

脳がリラックスするのをじゃましてしまうものを理解しておきましょう。

  • カフェイン
  • 強い光
  • 頭を使うこと

などです。

カフェイン

これは、コーヒーや緑茶などのカフェインを多く含む飲み物などを寝る前に取り過ぎるとよくないということです。

カフェインには脳を興奮させたり、覚醒させたりする作用があるので、夕食後には控えたほうがいいでしょう。

アルコール

お酒などは脳を麻痺させますので、眠りを浅くしてしまいます。

寝付くのにはいいかもしれませんが、夜中に何度も目が覚めたりする原因になるので量や時間を考えて摂取しましょう。

強い光

PCやスマートフォン、TVなどです。

これらの電子機器は私たちの脳に思ったよりも強い光と刺激を与えます。

眠ろうと思う1時間前には光を見ないようにしたほうがいいです。

この中で特に気をつけたいのが「スマートフォン」です。

PCやTVは、ある特定の部屋や場所だけでしか使用しないことが多いですが、スマートフォンはどこにでも持ち運び自由です。

軽いし手軽だし、場所もとりません。

これを寝室、それも枕元に持っていくことって多いのではないでしょうか?

自然に眠気が起こるのを妨げていたり、なかなか寝付けなくなったりする大きな理由がこのスマートフォンだったりします。

目覚まし代わりに使うという場合もあるでしょう。

それなら安くてもいいので、電池で動くような時計の目覚ましに変えましょう。

充電は他の部屋でやる。

地震速報などが入らないと困る、という場合はせめて部屋の片隅に置いて、枕元から遠ざけたり光が目に入らない場所に離して置くようにしましょう。

頭を使うこと

寝るときの考え事は脳に刺激を与えます。

それが仕事であれ勉強であれ、脳がリラックスする環境からはほど遠くなります。

これも寝る前1時間くらいにはやめて、静かな音楽を聴くとか、考え込まなくていい本を読むとか、脳をリラックスさせてあげる環境を作りましょう。

ここでも同じですが、スマートフォンの使用も脳を使います。

画面から発する光と併せて、眠る前には特に不要なものです。

心地よい睡眠を妨げるものになります。

使用を控えましょう。

どうしても眠れない

カフェイン入りの飲み物やアルコールなんて飲んでいないし、テレビやPCも早めに切り上げた。

それでもなかなか寝付けない。

そんな時はどうする?

お布団の中で、(眠れない、眠れない)と悩んでいるくらいなら思い切ってお布団から出ちゃいましょう。

そして静かに音楽を聴いたり、ホットミルクを飲んだりして自然な眠気がくるまで待ってみるほうが精神的にいいかもしれません。

なかなか寝付けないというのは本当につらいものです。

私もサプリメントを利用してみようと思うほど寝つきが悪かったです。

そんな私の体験談もよかったら見てくださいね。

睡眠サプリ「マインドガードDX」の効果はいかに?私も体験してみました。

睡眠に関する記事はこちらも参考にしてくださいね。

睡眠でお悩みのあなたへ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

感想やご意見など、どんなささいなことでも気軽にコメントくださいね。

[記事公開日]2017/03/07

 - 睡眠