エルケアル 

*

春には春の便秘があった。新生活が大きく影響するその原因と対策は?

   

便秘が日常で習慣化していると、毎日がゆううつな気持ちになってしまいます。

ゆううつな気持ちになるのも嫌なものですが、もっと怖いのは、習慣化してしまって、

(別にどうでもいいや)

と便秘に対して気持ちがなあなあになってしまうことです。

便秘が起こるというのは、腸の環境が整っていないことが多いです。

まれに病気が原因であることもありますが、どちらにしろ放っておくのは良い事ではありません。

きちんと対処して快適な便通と心おだやかな生活を手にいれましょう。

さて、便秘ですが、季節の影響でも症状が変わってくることがあるようです。

普段便秘なんてなったことないのに、春先にだけ便秘になりがちなこともあります。

今回は春先に便秘になる理由とその対策についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

春先の環境

春先の環境が便秘に関係してくる理由は主に2つあります。

それは「気候の変化」「生活環境の変化」です。

気候の変化

冬から春に変わるこの季節は、寒さと暖かさを交互に繰り返しながら徐々に暖かくなっていきます。

世間一般でいう「三寒四温」ですね。

この交互に来る気温の変化は、他のどの季節よりも身体に影響を与えます。

寒い環境に慣れてきた身体がふっと暖かくなって緩み、その暖かさに慣れようとしていた矢先にまた寒くなるという変化がおきます。

この環境の変化に自律神経の交感神経と副交感神経は一生懸命対応しようとするのですが、急激さについていけずバランスをくずしてしまいます。

自律神経のバランスがくずれると腸内の環境も悪化して便秘になりやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

 

生活環境の変化

春先は進学、就職、引っ越しなどの環境の変化が多い季節です。

新しい環境はワクワクすると同時に、少なからず緊張もあります。

デリケートな人ほど、ストレスを感じますし、便秘になりがちです。

特に新しい職場に入る場合は、社会人としての多くのスタートを切ることになりますので、今までの生活環境とは大きくかけ離れてしまうこともあるでしょう。

不安な気持ちを強く持ってしまうとダイレクトに腸の調子に響きます。

少しくらい大らかな気持ちをもって過ごすことがコツです。

便秘との関係

実は頭で考えたことってすぐに腸の働きに影響を及ぼします。

ですので、緊張や不安などを感じたりストレスが大きくなると腸の働きが悪くなります。

心や気持ちの面での敏感な変化によって腸が影響を受けて途端に便秘を引き起こしてしまうのです。

対処法

季節の変わり目での気温の変化には徐々に対応していくしかありませんが、ストレスなどの心の変化に対応するには、ストレスを持続させない、ストレスをためなことが大切です。

「ストレスを感じるな」

といったところで無理な相談です。

ストレスを感じたら、その精神状態が慢性化しないように一つずつ対処していきましょう。

  • 例えばお風呂にゆったり使ってリラックスする
  • 友達とたくさん話して、心の不安をぶちまける
  • 適度に身体を動かす、趣味に没頭するなどでストレス発散する

できることからはじめてみましょう。

適度なストレスはとてもいいものですが、行き過ぎるストレスは腸だけでなく身体にも悪影響を及ぼします。

便秘と共に、ストレスも流して春先を楽しく過ごしていけたらいいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

感想やご意見など、どんなささいなことでも気軽にコメントくださいね。

[記事公開日]2017/03/08

 - 便秘