エルケアル 

*

乳がん手術から5年!結果は異常なし!

      2017/06/25

乳がんになって、手術を受けて、抗がん剤、放射線治療、ホルモン療法と、この5年かけ巡ってきました。

短い?長い?

感じ方はどちらも「Yes」なんです。

毎日をいっぱい、いっぱいで生きてきてあっという間だったような気もしますし、色々な葛藤や沈み込む気持ちと戦って過ごす日々が本当に長かった気もします。

「これまでの5年間は長かったですか?短かったですか?」

と尋ねられたら、やっぱりどちらも「Yes」と答えそうです。

つい先日、乳がんの手術を受けてから5年目の定期検診を受けてきました。

今日、病院から封書にて検査結果が届きました。

 

スポンサーリンク

 

今回の定期検診の内容

前回の記事で、エコー検査とCT(造影剤あり)の検査についてはほぼ問題ないとドクターから言って頂いたことをご報告しました。

そして、残る検査内容は腫瘍マーカーの値でした。

検査から10日~2週間だと自分では思っていました。

しかし、すでに2週間以上経っていたので、

(遅いなあ)

と気をもんでいました。

ですが、仕事が忙しくて、毎日あっという間に過ぎていくので、それほど検査結果に執着することもなく今日を迎えました。

検査結果が届いた

本日も仕事が残業となり、帰宅すると先に帰宅していた主人が、開口一番

「病院から検査結果が届いているみたいだよ」

と封筒を指さします。

私は着替えなどをすませてから開けようと思っていたのですが、

「早く開けて」

と主人がせかすものですから、開封しました。

中には血液検査の結果と、病院からのメッセージがありました。

 

CA15-3

CEA精密

どちらも基準値内でした。

 

 

1CTP

血中BCA225

こちらも基準値内でした。

 

 

そして一緒に同封されていた、コメント。

 

 

「異常なし」でした。

 

主人がしみじみ

「よくがんばったね」

「よかったね」

と握手してくれました。

本当に大変だったのは主人の方かもしれません。

私本人よりもホッとした様子でした。

その表情をみながら、自分が一番大変だと思っていても実はそれ以上に周囲が大変なんだということに気づきました。

主人は実家の両親にもすぐ電話で報告するように申します。

突然の電話に父も母も驚いたようですが、安心してくれていたようでした。

今後について

半年ごとに血液検査、1年ごとに画像検査をと言われています。

今度は8月前後になると思います。

「乳がん」は進行の遅いがんだと言われています。

他のがんが5年で一応の目途がつくのに対して、乳がんは20年先でも転移の可能性があります。

今後も6年7年8年、10年、15年、20年と検診を受けていきます。

乳がん患者という呼び名から解放されるまで、明るく、無理のない生活を心がけて頑張り過ぎない毎日を送っていきたいと思っています。

私の中で意識していきたいこと

今後の生活の中でできることって何だろうと思ったときに、

自分の体の免疫を高めていけたらいいなと思いました。

 

生活の中で取り入れられるものはどんどん取り入れていきたいと

考えています。

 

  • 食生活
  • ストレスをためない
  • たくさん笑う

 

など免疫アップにいいことを少しずつ取り入れていこうと思っています。

 

あまりがむしゃらでなく、

(何だかよさそう)

というくらいの軽い気持ちがポイントかもしれません。

(でなければ続かないです)

 

免疫の力が様々な病気の中でも取り上げられています。

   ↓   ↓   ↓

免疫のことをもっと知るなら

今後も検診の際には状況をお伝えするつもりです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

感想やご意見など、どんなささいなことでも気軽にコメントくださいね。

 - 乳がん