更年期障害の中でも、よく聞く症状の一つがこの「ホットフラッシュ」です。

顔がカーッと熱くなったような感じ、異常な発汗などが症状の特徴です。

人によっても、感じ方は様々ですが、この症状に悩まされている場合は、どんなことを心がければいいのでしょうか?

今回は更年期障害の症状の一つである「ホットフラッシュ」についてお話しします。

 

 

スポンサーリンク

ホットフラッシュとは?

季節や気温に関係なく、いきなり上半身が熱くなり、大量の汗をかきます。

顔や首すじなどが特に熱くなって汗が出るほか、頭に血が上ったようになります。

場合によっては、顔が真っ赤になり、周囲の人から心配して声をかけられたりすることもあるかもしれません。

スポンサーリンク

ホットフラッシュが起こる原因は?

血管が広がったり縮んだりする働きをコントロールしている自律神経が乱れることによって起こります。

どうして自律神経が乱れるのかといいますと、

更年期に入ったら卵巣の働きが低下することによって、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が減ります。

それによって、ホットフラッシュをはじめとする更年期障害と呼ばれる様々な症状が出てくるのです。

ホットフラッシュが出たときの対処法と乗り切り方

前触れなく出てくるホッとフラッシュの症状とうまく付き合うために、対処法を知っておくと心強いですね。

日常生活の中で

日ごろ過ごしている中で起こりうる「ホットフラッシュ」での一番の悩みは「熱い」「暑苦しい」「熱くて気持ち悪い」などです。

ですので、熱いのをどうにかしなくてはなりません。

体温調節

急に体温の上昇が起こります。

その時に対処できる方法です。

  • 洋服などは脱ぎ着しやすい服を身につける
  • 一枚羽織るなどして、熱くなったらすぐ脱げるようにしておく
  • 大量の汗を書くこともありますので、汗を吸収しやすい素材の下着などで対処する。
  • ウェットティッシュなどを持ち歩き、こまめに汗をぬぐう。
  • 汗ふきシートや、冷却スプレーを使って身体を冷やす

※自宅にいる場合は濡れたタオルなどを首に巻くとか冷えピタシートをおでこに貼ると気持ちいいですよ。

日ごろからできることも取り入れてみてはどうでしょうか?

運動

これは、更年期障害を何事もないかのように、やり過ごせるように予防的に行うといいものです。

更年期に入る前から定期的に運動を習慣にしておくことで、いざ更年期を迎えたときに症状が軽くてすみ、うまく乗り切れるようになります。

一度にきつい運動をバーンとやるのではなく、ウォーキングなどのゆるやかな運動を定期的に行うといいようです。

無理のない範囲で楽しみながら行うと効果的です。

食事の中で

大豆製品は女性ホルモンに似ている効果があるとよく言われます。

積極的に豆乳や納豆、大豆製品などを取り入れることはとても良いことです。

そのほかに刺激物を避けましょう。

辛い物、カフェインを含む飲み物、アルコールなどはホットフラッシュを誘発してしまいます。

ほどほどにしましょうね。

薬や治療について

更年期障害の様々な身体や心の不調を改善する目的での治療もあります。

「ホルモン補充療法」(HRT)

といいます。

婦人科などで、急激に減った女性ホルモンを補う治療法です。

閉経前か閉経後か、また、閉経からどれくらい経っているのかによっても治療の選択が違ってきます。

専門の医師に相談して決めたほうがいいと思います。

漢方薬を飲む

漢方薬を扱っている医療機関で相談して、体質に合ったものを処方してもらいましょう。

漢方薬は2週間以上続けてみて効き目をみることが多いです。

身体に優しいとされる漢方薬ですが、まれに合わないと便秘や下痢などになってしまうこともありますので、市販薬よりも、まずは医療機関を受診して日ごろの症状や、自分の体質などを詳しく話してからの方がいいです。

漢方薬は劇的に症状が改善してすっきり治るというよりは、少し調子が良くなった気がするというくらいのゆるやかな効き目が特徴です。

同じホットフラッシュが出る人がいたとしても、一方の人には劇的に効いて、もう一方の人はほとんど変わりがないということもザラにあります。

あまり副作用がないのも漢方薬の特徴ですので、一つを2週間ほど試してほとんど効果がない場合は、またお薬を変えて2週間ほど様子を見るということもできます。

サプリメントを飲む

お薬ではありませんが、「ホットフラッシュ」に効果的なサプリメントもあります。

  • プラセンタ
  • 大豆イソフラボン

などです。

(それぞれのサプリメントについては、近いうちに記事をアップしますね。)

 

一つずつ体調がよくなるような治療や改善の方法を取り入れていくことで、生活がより豊かになります。

程度の差はありますが、誰にも訪れる時期です。

少しでも前向きに乗り越えたいものですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

感想やご意見など、どんなささいなことでも気軽にコメントくださいね。

スポンサーリンク