エルケアル 

*

いつまでも治らない鼻づまり、その正体は花粉症ではなく「副鼻腔炎」だった。治療法とは?

   

風邪ひいて、鼻がつまる。

花粉症で鼻がつまる。

これらは、時期がくれば治ります。

症状が軽減します。

ところが、いつまでもいつまでも鼻づまりの症状が起こる病気があります。

「副鼻腔炎」です。

今回は副鼻腔炎の症状と治療法についてお話しします。

つらい鼻づまりとサッサとお別れしましょう。

 

スポンサーリンク

 

副鼻腔炎とは?気になる症状

副鼻腔炎には急性のものと慢性のものがあります。

最近やウイルスなどによって副鼻腔という鼻の中の粘膜に炎症が起こります。

鼻水、鼻づまり、咳、頭痛、顔面痛などの症状が現れます。

 

スポンサーリンク

 

 

急性副鼻腔炎

最近やウイルスなどの感染で副鼻腔に急性の炎症が起こり、そこに細菌などが感染して頭痛や顔面痛が起こります。

風邪やインフルエンザなどが長引いてから症状が出るので、たいていは、風邪が治る頃には症状も治まります。

1~2週間で治ります。

鼻の周辺が痛むのと、口臭がひどくなります。

ここが風邪と違うところですね。

左右どちらかだけに炎症が起こることが多いです。

虫歯や歯周病が原因で起こることもあります。

 

慢性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎が長引いたり、何度も繰り返すことで3か月以上症状が続きます。

「蓄膿症(ちくのうしょう)」とも呼ばれます。

症状が進むと、鼻水の量も増えますし、その粘度も高くなります。

粘膜が腫れ上がると、鼻づまりがひどくなりますし、いびきや嗅覚低下などにもつながります。

口呼吸をするようになるので、喉を傷めたり、風邪をひきやすくなったり、悪影響が増えます。

鼻水や鼻づまりの経験がある場合はよくおわかりかと思いますが、集中力が低下したり、頭が重い感じがしたりして、全体的にスッキリしない感覚です。

それによってイライラすることもあります。

身体の諸症状だけでなく、精神的にも影響があっては毎日がゆううつになってしまいます。

以前は治らない病気というイメージがあったようですが、今は違います。

耳鼻咽喉科を受診しよう

やはり、専門の医療機関を受診してきちんと治療しましょう。

毎日悩まされる不快さがスッキリと解消すると嬉しいですね。

治療法について

まず、アレルギー性鼻炎や花粉症がある場合は、そちらの治療が先に行われます。

薬物療法

副鼻腔炎の原因は「菌による感染」であるため、殺菌力の強い、抗生物質が処方されます。

感染するウイルスの種類も色々なので、たくさんの種類の菌に効くような幅広い効力のある抗生物質が処方されます。

  • セフェム系抗生物質
  • ニューキノロン系抗生物質
  • ペニシリン系抗生物質

その他にも痰(たん)を取り除いたり、鼻の中の膿を外に出す働きのある「ムコダイン」なども処方されます。

腫れを和らげたり、荒れた副鼻腔内の粘膜を修復するためにお薬を使います。

鼻水吸引

鼻水を吸引してあげます。

ネブライザー治療

霧状になったお薬を鼻の中に吹き付けます。

鼻洗浄

鼻の中の膿を吸い出して、きれいに洗い流す方法です。

手術(内視鏡下副鼻腔術)

お薬を長期投与しているにもかかわらず、なかなかいい効果が現れなかったり、鼻たけと呼ばれるポリープが気道を塞いでいるような場合に行います。

手術によって塞がれていた場所を解放してあげ、副鼻腔のもともと持っている自浄作用(自然にきれいにする力、洗い流す働きなど)を取り戻すことが目的となります。

内視鏡を使いますので、鼻の中だけの操作ですみます。

それによって身体への負担も少なくなり、日帰りですむこともあるようです。

しかし、手術という手段は他の治療法で効果がない場合に用いられることが多く、短期間で起こった副鼻腔炎にはほとんど使われません。

 

花粉症でも鼻水や鼻づまりは起こります。

しかし、花粉症の季節が過ぎてもすっきりせず、鼻の辺りを中心に顔面が痛かったり、口臭がひどくなってきた場合は「副鼻腔炎」を気にしてみたほうがいいかもしれませんね。

 

花粉症についてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

花粉症でお悩みの方へ

気軽にコメント・メッセージください。

[記事公開日]2017/02/17

 - その他