エルケアル 

*

忙しいと睡眠を削るしかない?ショートスリーパーってなれるものなの?

   

文明の進化によって、家電製品や生活の中での便利な環境によって様々な場面で時間を短縮できるようになってきました。

それにもかかわらず、忙しい忙しいとつぶやく日々、もう少し時間があったらあれもしたいしこれもしたい。

そう思う人は相変わらず少なくありません。

かくいう私も、フルタイムの時間プラス残業や休日出勤での仕事に追われて、家事もおろそかになっていますし、趣味や大好きな読書などに使う時間も確保できない状態です。

時間があってもお掃除したり、料理に手をかけたりするのかという問題は横においておいて、少しでも時間を捻出したいと思う場合は、睡眠を削るしかないと思っています。

睡眠時間がもともと少なくて済む人を「ショートスリーパー」といいますが、特別な人だけしかショートスリーパーになれないのでしょうか?

今回は誰でも「ショートスリーパー」になれるかどうかについてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ショートスリーパーとは?

言葉のまま、短く眠る人のことです。

睡眠時間が6時間未満の場合を言います。

日本人では5~8%しかいません。

ちなみにロングスリーパーは睡眠時間が9時間以上の場合をいいます。

こちらは3~9%だそうです。

日本人の80~90%は6~9時間の間の睡眠時間範囲に収まっています。

ちょっと意外でした。

というのも、ショートというからには3時間睡眠ぐらいの人を言うのかと思っていたからです。

ちなみに私は睡眠時間が平均4時間半なので立派な(?)ショートスリーパーだということですね。

私もショートスリーパーになりたいと思っていたのに、すでにショートスリーパーだった訳です。

ショートスリーパーの人の傾向

芸能人で言うと、明石家さんまさんや上戸彩さん、市川海老蔵さんなどがショートスリーパーとして有名です。

全体的に明るく楽天家、社交的な性格の人が多いようです。

 

その理由としては、

ストレスをためこまない楽天的な性格だと、短い睡眠で脳の回復が可能である

というものです。

 

ショートスリーパーと健康について

睡眠時間が短いことで健康に影響はないのでしょうか?

一般的に強いてリスクをあげるとすれば、

  • 高血圧のリスクが高くなる
  • うつ病を誘発する

などです。

しかし、これはすべてのショートスリーパーがそうであるとはkぎりませんし、睡眠時間が長い人にも起こりうることですので、少しリスクが高いというものです。

ですので、

ショートスリーパー=(イコール)短命とはなりません。

ショートスリーパーのメリットとデメリット

メリットはいうまでもありません。

「時間をたくさん使える」ということです。

デメリットは、ほとんどの人はショートスリーパーではないので無理に睡眠時間を減らしても、無理なく身に付けられるとは限らないという点です。

自律神経が乱れて、疲れやすくなったり、イライラしたりしやすくなります。

これは、普通の睡眠時間の人がいきなり2時間も3時間も睡眠を減らそうとするから起こる問題です。

ショートスリーパーになる方法

完全なショートスリーパーというのは、遺伝やもともとの体質もありますので、普通の睡眠時間で生活している人がすぐになれるというものでもありません。

でも、方法はあります。

順序良く少しずつ身体を慣らしていく方法です。

一度に、一気に睡眠時間を短くするのではなく、徐々に身体を慣らしながら減らしていくことで、身体にかかる負担が少なくてすみます。

実践の仕方

朝起きるじかんを変えることなく、お布団に入る時間を30分ずつ遅くしていきます。

これにかける期間は1回30分短くするごとに、3週間かけます。

いつも7時間寝ている人はまず6時間半の睡眠を目指します。

いつも夜11時に寝て朝6時に起きている場合は、寝る時間を11時半から始めます。

起きるのは6時にします。

これを3週間続けて、身体を慣らしていきます。

1ヶ月続けてみて、疲れが取れないことが続いたり、不調が出てきたりした場合はそこでストップしましょう。

最初は30分からでも、だんだん慣らしていって、生活に支障が出なければ、徐々に減らしていけます。

ちょっとした工夫

昼間などに15分以下の仮眠をとるなどして、調整することで、身体を慣らしていくことができます。

お昼寝などに30分も1時間もかけると寝すぎたり、変に深い睡眠になって、目覚めた時にぼーっとしたり、頭が重い感じになることもありますので気をつけましょう。

 

生活時間を増やしたい、ショートスリーパーになりたい。

そんな希望が叶うなら試してみる価値もありですね。

 

睡眠に関する記事はこちらからどうぞ

睡眠でお悩みのあなたへ

気軽にコメント・メッセージください。

[記事公開日]2017/02/18

 - 睡眠