エルケアル 

*

花粉症と天気の関係、晴れた日と雨の日で違う?風の強い日は?

   

%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%ef%bc%93%ef%bc%91

何だか今日は鼻水とくしゃみが止まらない。

あれ?今日は楽だな?

花粉症の症状が毎日少しずつ違うのは当たり前ですよね。

花粉症は症状の度合いや出方も毎日きっちり同じという訳ではありません。

住んでいる環境にもよりますし、働いている職場に関係することだってあります。

花粉症の症状の出方を左右するものの一つに天気があります。

厳密に言うと気象情報です。

花粉が飛びやすい時、花粉が同じ場所に停滞しやすい時、花粉が空気中に充満するとき、花粉が地面に落ちてしまう時。

晴れた日や雨の日、曇り、風が強い日、気候は様々です。

今回は花粉症と天気の関係についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

花粉と天気

花粉が飛散するタイミングや気象条件を知っておくことで、適切な花粉症対策ができます。

基本的な事を知っておくだけでもずいぶん違うと思います。

まず、花粉が飛散しやすい天気を3つあげます。

  1. 晴れた日
  2. 雨が降った次の日
  3. 風が強い日

いかにも花粉がとびそうですよね。

晴れた日

晴れた日と言っても色々あります。

特に注意が必要なのは、最高気温が高めで、湿度が低いときです。

気温は 度以上で湿度60%以下の場合です。

逆に湿度が高いと花粉が飛ぶ量がぐんと減ります。

80%以上ではスギ花粉はほとんど飛びません。

(注意) カラッと晴れた気温の高めの日

雨が降った次の日

雨の日はほとんど花粉は飛散しません。

飛散しないから大丈夫だとは言っても、その花粉は翌日に持ち越されるのです。

もちろん、その次の日も雨ならばさほど心配はいらないかもしれませんが、翌日に雨もやみ、湿度も低くなっていたら注意が必要です。

(注意) 雨が降った日の次の日でカラッと晴れた日

 

スポンサーリンク

 

 

風が強い日

風はより高く、より遠くに花粉を運んでいきます。

スギの木が自然の多い田舎にしかなくても、風が強ければ都会のアスファルトしかない場所にまで花粉は飛ばされます。

風が強い日は、花粉のもととなる植物が住んでいる地域にない場合でも注意が必要ということです。

おまけに、都会のコンクリートやアスファルトなどで舗装された道路は土が少ないということで、地面に落ちた花粉が吸収されることなく散らばった状態になります。

そこで強い風が吹くと、それらを空気中に舞い上げ、花粉症の人を苦しめることになるので、風が強い日は都会に住んでいる人ほど注意が必要かもしれません。

(注意) 風が強い日、特に住んでいる環境に限らず花粉が舞う

花粉が飛びやすい天気の条件について

花粉が飛びやすいのは、

  1. 晴れた日
  2. 雨が降った次の日
  3. 風が強い日

だと申しました。

しかしこれよりも花粉症の人にとって悪条件があります。

それは、この3つの気象条件が重なった日です。

花粉症の人にとって注意すべき日は、

雨が降った次の日がカラッと晴れて気温もほどよく高く、風が強い日

ということになります。

そんな日は、極力外出を控えたほうがいいですね。

もしどうしても外出しなくてはならない場合は、花粉症対策をしっかり行ってから外出しましょう。

花粉の飛ぶ時間帯ってあるの?

気象条件だけを見て、ニュースの花粉情報や風の向きや強さだけを見て、

「今日は花粉が飛びそうだから」

と家から一歩も出ないということが可能ならば問題ありませんが、仕事を持っていたり、小さな子供の送り迎えや買い物など、外出せざるを得ない状況だってあります。

そんな時には、花粉が飛びやすい日であっても、その中で花粉が一番飛びやすい時間帯がわかれば大助かりですよね。

その時間帯を避けるだけでも症状がずいぶん変わるかもしれません。

スギ花粉において

スギ花粉は霜や霧などが原因となって、夜や明け方にはあまり空気中には放出されません。

気温が徐々に上がってくる午前10時ぐらいから放出量が増えてきます。

よく、風が強いと都会にも花粉が飛ばされるといいますが、一度の放出で一気に何十kmも飛ばされるのではなく、一度空気中に飛ばされた花粉が再び風に乗ってさらに遠くへ飛び都会にたどり着くという訳です。

ですので、朝10時頃にスギ花粉が放出されても花粉が運ばれてくるのには時間がかかります。

ですので、花粉が空気中で一番飛散しやすいのは、お昼頃夕方4~5時頃です。

雨だと安心してもいい?

今日は雨だから一日大丈夫。

そう思い込んで外出したら、花粉症の症状が出てきて困ったということはありませんか?

一般的に、一日中ある程度の強い雨が降り続くときには花粉は飛びません。

しかし雨量や雨の降る強さにもよりますが、小雨がしとしと降るくらいだったり、降ったり止んだりの状態なら花粉が飛ぶこともあります。

また雨は降ったとしても、その地面が乾き始める時間帯と花粉が飛ぶ時間帯が重なった場合は花粉が飛ぶこともあります。

 

花粉症で悩まされている場合は毎日の生活で、花粉が飛ぶ時間や飛びやすい天気などは重要な情報となります。

うまく折り合いをつけて花粉の飛ぶ時期を乗り越えていきましょう。

 

花粉症に関する記事はこちらからどうぞ

花粉症とはどんな病気なの?基本的な症状は何?

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

[記事公開日]2016/11/29

 - 花粉症