エルケアル 

*

小林麻央さん「奇跡を起こしたい」の言葉に見習って思う事と乳がん患者の私の生活

      2017/06/26

%ef%bc%91%e5%a5%87%e8%b7%a1

乳がん闘病中の小林麻央さん始め、有名人の方の乳がん報道が増えてきています。

これまで、どこか他人事のように聞いてきた「乳がん」という病気。

まさか自分も「乳がん」になるとは思いませんでした。

42歳のときにしこり発見。

乳がん検診を受けたのだって、40歳のときに配られた無料クーポンがあったから受けただけという無関心さ。

それまで「乳がん」という病気は他人事でした。

今、小林麻央さんは、自分の病気のことを包み隠さず公にされ、病気に真正面から立ち向かっていらっしゃいます。

小さなお子さんを抱えての闘病生活を思うと、胸が苦しくなります。

でも、乳がんになった方は誰でも病と闘いながら、前に進もうとしていらっしゃいます。

そんな大勢の方からも力をもらい、また、自分の辛い体験が少しでも何かのお役に立てればいいのにといつも願っています。

今回は、私自身が乳がんになってから、特に意識して生活していることをお話しします。

 

スポンサーリンク

 

病は気から?

「病は気から」

よくこんな言葉を聞きます。

確かに弱い心が病気を呼び込むこともあるかもしれません。

しかし、すべての病気がそうだとは思えません。

明るく、強く毎日を生きていても突然病気になってしまう場合だってあると思います。

病気になってからの気持ち

では、「乳がん」になってからの自分の気持ちはどうだったかと言いますと、最初の1~2年は次々と休む暇もないくらい治療ばかり続き、身も心もヘトヘトになりました。

もともと私、根は明るいんです。

能天気と言ってもいいくらいです。

なのに、乳がんになってからは、自分の殻の中に閉じこもり、なるべく人に会わないようにしていました。

笑顔なんて出せませんでした。

人の親切が有り難いと思えず、煩わしいとさえ思えました。

そして、そんな自分が一番嫌いでした。

自己嫌悪だらけの毎日

私はこんな性格ではなかったのに。

イヤな奴になってしまった。

気持ちが沈むと、身体のあちこちも痛かったり、具合悪かったりするんです。

これこそ「病は気から」ですよね。

病気になったから元気をなくすのではなくて、暗い気持ちがどんどん自分を病人に変えていくんです。

笑わず、しゃべらず、人に会わず、

こんなことを続けていると誰だって病人になってしまうと思います。

それほど治療というものは辛いものです。

ですので、明るく前向きに生活されている小林麻央さんは素晴らしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

現在の生活で私が心がけていること

乳がんになって生活が変わりました。

というよりも変えたことがあります。

食事制限は私には無理でした

がんには、食事制限などを取り入れて生活を根本から変えていく方もいらっしゃると思います。

でも、ズボラで、食べるの大好きな私は無理でした。

その代わり、何でも口にできることに感謝して美味しく頂くようにしています。

(当たり前のことですよね。)

食事は美味しく楽しく頂くと身体の細胞も喜ぶそうですよ。

よく笑う

これは、免疫効果があるという行動です。

私ごとですが、私の主人はあまりおしゃべりではありませんし、顔もどちらかというと、ちょっと怖い人に見られる雰囲気があります。

しかし、私が病気になってから、生活の中でよく私を笑わせてくれるようになりました。

生活の中に笑いがあるというのは、とてもいいことですよね。

もちろん、ケンカもしょっちゅうしますし、私も怒ったり泣いたりすることだってあります。

でも、以前に比べて家の中で笑うことが増えたように思います。

免疫を高めるというのは「がんでの闘病生活」には凄い特効薬だと聞いたことがあります。

好きなこと、趣味、やりたい事などに没頭するのもいいですよね。

やはり家族の支えは大きい

私の場合ですが、やはり、家族の存在が一番自分を強くしてくれます。

治療をして、前に進もうと思えたのはやはり家族がいたからですし、家族のためにも病気と闘わなければいけないと思えたからです。

今、目が覚めて、ご飯が食べられて、仕事が出来て、と以前は何でもなかったことがすべて有り難いと思えます。

ステージや病状は「乳がん」になられた方一人一人違うと思いますが、すべての乳がん患者さんに、昨日より今日、今日より明日がいい一日になるといいなと思います。

たくさんの奇跡が起こることを願って生活したいと思います。

 

自分なりに「免疫の凄さ」も感じています。

こちらも参考にどうぞ

   ↓   ↓   ↓

乳がんを免疫細胞でやっつけたい。ブロリコの働きと効果について

 

 

 

追記)2017年6月22日に小林真央さんは旅立たれました。

乳がん患者にたくさんの希望や生きる力をくれた真央さんに本当に感動です。

最後まで笑顔の多いブログに、どれだけの強い方だったのかと感じています。

心よりご冥福をお祈りします。

[記事公開日]2016/10/03
[最終更新日]2017/06/26

 - 乳がん