エルケアル 

*

花粉症って突然発症するの?遺伝するって本当?

   

%ef%bc%91oyako

去年まで何ともなかったのに、今年は鼻がムズムズしたり目がかゆくなったり・・・。

これってもしかして花粉症の症状?

(私、花粉症じゃないはずなんだけど)

そう思うことありませんか?

花粉症は今まで少しも症状が出なかった人が突然なったりすることもありますよね。

でも、これって少しずつ蓄積されてきた結果のことなんです。

今回は花粉症が突然発症するように思える理由と、気になる遺伝についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

花粉症になるしくみ

花粉症になる(花粉症のつらい症状が出る)のは、どういうしくみによるものなのでしょう?

身体の免疫機能

私たちの身体には免疫機能というものが備わっています。

これは、身体の外から入ってくる要素(異物)に対して、それを除去しようとしたり、追い払おうとしたりして、体の中に抗体というものが出来て、それで対抗しようとするしくみです。

一度抗体ができると、次に同じ要素の物(抗原と言います)が身体の中に入ってきても、その要素と結びついて中和され、体に害するような症状が出ないようになっています。

「免疫がついた」と言いますよね。

花粉症も同じです。

花粉が身体の中に入ってきても、それに対抗する抗体が身体の中に出来れば、次に同じ花粉(抗原)が入ってきても、最初に作られた抗体と反応して花粉症の症状は出ません。

 

スポンサーリンク

 

 

突然の発症

抗原と抗体の反応を「抗原抗体反応」と言います。

小学校の理科の時間に習った気がしますが・・・?

この抗原抗体反応が良い方向に働くと免疫になるのに対して、抗原抗体反応が悪い方向に働くと、アレルギーを起こして「花粉症」になってくるのです。

この花粉に対する抗体が作られやすい体質の人がアレルギー体質です。

花粉症の抗体は原因となる花粉と何度も接触するたびに、身体の中にどんどん蓄積されていきます。

そしてある一定量に達したときに花粉症の辛い症状を発症するのです。

コップに水を注ぐ場面を思い浮かべてください。

水を注いでいく中、コップの容量がいっぱいになるまでは水はこぼれませんよね。

しかし、コップの器以上の水が入ると後は受け入れられずこぼれてしまいます。

花粉症もこれと同じようなものです。

身体の免疫機能により、花粉に対する抗原抗体反応が働き、ある程度までは花粉が身体の中に入ってきて抗体が増えても大丈夫なのですが、抗体がある一定の量まで蓄積されると「アレルギー」となって身体の外に症状が出てくるのです。

コップの器は人それぞれ違いますし、入ってくる水(花粉の量)の量も違います。

小さい頃から育った環境や、もともとのアレルギー体質が大きく関係してきますが、人によって花粉症の発症時期が異なります。

ですので、昨日で花粉症を受け止める身体の容量がいっぱいになったとしたら、今日はもう花粉症を受け止めることができないため、花粉症の辛い症状が出てきてしまうのです。

これが

「突然発症する」

ように思える理由です。

花粉症と遺伝の関係

花粉症が遺伝によるものかどうか、気になるところですよね。

自分の親が花粉症で、自分も花粉症であるなら、もしかしたら自分の子供にも遺伝するかもしれないと心配になってしまいます。

親が花粉症だと子供は必ず花粉症になるの?

親が花粉症である場合、子供への遺伝の割合はどれくらいでしょうか?

花粉症が遺伝するというよりも、アレルギー体質が遺伝するということです。

同じアレルギー体質であったとしても、子供の頃からの住んでいる環境や食生活などによっても、アレルギーが発症する場合としない場合があります。

兄弟がいても、花粉症になる子供もいれば、ならない子供もいる訳です。

両親ともに花粉症でない場合子供が花粉症になる確率は約10%です。

対して両親ともに花粉症である場合、子供が花粉症になる確率は約40%にもなります。

また、父親が花粉症の場合は、子供の花粉症の割合は約20%なのに母親が花粉症の場合は、子供の花粉症の割合は約30%にもなります。

遺伝という要素の他に何が花粉症にさせるの?

遺伝は花粉症の一つの大きな要素にもなっていますが、遺伝だけならば昔から花粉症というものがたくさんあったはずですので、食べ物や住む環境という要素がとても大きく関わっていることは間違いないです。

例えば、住んでいる家の近くに生えている植物だとか、都会での排気ガスが花粉に混じって身体の中に入り込んだことによるものだとか、食べているもののアレルギーだったりとかですね。

また、職業的に、植物に関わる仕事の方(花の栽培や出荷などにたずさわっていたり、果物の栽培をされている方など)は職業病的な要素が大きく花粉症とは切っても切れない環境で働いています。

自分の子供にも遺伝してしまうの?

一番心配なのは自分の子供に遺伝してしまうのではないか?という悩みです。

確かに遺伝的要素は大きいです。

遺伝の確率についてもお話ししましたが、花粉症の親から生まれてくる子供は、そうでない子供に比べると花粉症になる確率は高くなります。

しかし、今から子供が花粉症になるかならないかを心配して落ち込むよりも、なるべく花粉に触れないような環境を整えてあげたり、または、花粉の症状が出ても早目に対応してあげることで、辛い症状を乗り越えていけると思います。

花粉症になると治すのは難しくても、症状を軽くしたり、出ないようにすることはできます。

それも、日々の生活の中で工夫できることだってあります。

一つ一つ対策を実行していくことで「私って、確か花粉症だったよね?」と思えるような生活になっていけば素敵ですね。

実は今年の夏から秋にかけて、まだ花粉症のつらい症状が出ていない私だったりします。

そんなこともあるんだなと嬉しい毎日です。

花粉症についても色々知識を増やして毎日が笑顔で過ごせるように改善していきましょう。

花粉症についての記事はこちらからどうぞ

花粉症とはどんな病気なの?基本的な症状は何?

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

[記事公開日]2016/10/02

 - 花粉症