エルケアル 

*

生理前から生理中に起こる頭痛は「月経関連偏頭痛」と言って「月経前症候群(PMS)」の一種

      2016/09/07

景色 4511

生理前に起こる不調のことをまとめて「月経前症候群」と言います。

その症状は、人によって違い、お腹が重い、胸が張る、眠い、倦怠感がある、腹痛がするなど様々です。

その中には、「頭痛」も含まれます。

また、生理中にも、腹痛や腰痛、倦怠感などの他に、「頭痛」を感じることもあるようです。

私は、生理前になると、激しい頭痛に悩まされて、仕事や家事をこなすどころか、立っているのも辛い状態でした。

今回は生理前や生理中に起こる「頭痛」がどうして起こるのかとその対処法についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 

■生理と頭痛

生理痛とともに現れる頭痛。

生理前後になぜかひどい頭痛が起こる。

そんな生理と頭痛の関係についてお話しします。

原因

生理の2~3日前になると、頭がズキズキしてくる。

毎回生理が終わるとうそのように治ってしまう。

そんな経験はありませんか?

これは、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が大幅に減るためです。

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンとしてもよく知られています。

エストロゲンが多く分泌される時期なら、お肌の調子もよくなり、体調も安定して快適に過ごせることが多いのですが、生理前になると、分泌される量が激減するため、あらゆる不調を招くのです。

そして、それは生理が終わるまで続くことが多く、この中に頭痛が含まれるという訳です。

(参考記事はこちら)

👇

月経前症候群って病気なの?頭痛やイライラもその一つ。治す方法はあるの?

一般的に月経前症候群(PMS)として知られていますが、この時に起こる頭痛は、生理痛に効く痛み止めを飲んでも効かないことがあります。

それは、生理の痛みの一部ではなく、片頭痛としての痛みだからです。

生理前後に偏頭痛の痛みを引き起こす頭痛のことを「月経関連偏頭痛」と言います。

症状

「月経関連偏頭痛」は、普段「偏頭痛」が起こる時よりも、痛みが強く、長く続きます。

これは生理に伴う女性ホルモンの分泌量によって発生する頭痛のため、単なる頭痛薬では効かないことが多いです。

きちんと偏頭痛の人用のお薬を服用して対応してくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

■私の場合

私の体験談をお話しします。

症状

私は、30代後半の生理前が一番ひどかったです。

頭痛はズキズキした痛みのときもあれば、しめつけられるような痛みのときもありました。

いったん痛みが出てくると、仕事や家事どころか、座っていることさえ辛くなりました。

お布団にもぐるようにして、頭から掛け布団をかけて、じっとして痛みをやり過ごしていました。

ひどい時には吐き気もあって、あまりの痛みと気分の悪さに、

(このまま死んでしまうかも)

なんて思ったこともあります。

大げさでも何でもなくて、生理が来るのが恐怖だった時期です。

対処法

私は、産婦人科にて漢方薬を処方してもらって飲んでいました。

そのおかげで、生理前の頭痛とはその後3か月くらいでさよならしました。

頭痛がないってこんなに幸せなんだととても嬉しかったです。

■生理に関する「頭痛」

生理のときの頭痛って複雑です。

対処法

しかし、生理痛を和らげるためにもらう痛み止めですべて解決しないこともあるんです。

腹痛などの痛みは生理痛の一種ですが、一緒に起こる偏頭痛の痛みはきちんとした「偏頭痛用」のお薬を飲まなければ軽減しないことが多いのです。

私の場合は漢方薬が効いて「頭痛」とはさよならできましたが、普段から「偏頭痛」に悩まされている場合には、その症状が女性ホルモンのせいで、一段と強く、長くなるという状況に陥ってしまっているからです。

ですので、一番の対処法としては、偏頭痛で服用しているお薬を飲むということが頭痛を軽減する方法かもしれません。

これは、頭痛にピンポイントで効く方法ということになります。

そして、私が服用した漢方薬については、体質改善のサポートをするお薬で、たまたま私によく効いたということになりますね。

漢方薬は、人それぞれに効く、効かないの幅が大きく、私に効いたものが他の方にも効くという訳ではありません。

ですので、同じ「漢方薬」で「月経前症候群」のために処方されたとしても、お薬自体は全く違うものになることもあります。

漢方薬を扱っている産婦人科や、内科などで、生理前の頭痛がひどいことを伝えてお薬を処方してもらってみるのも解決策になるかもしれませんね。

ちなみに、私の場合は漢方薬は1年ほど飲みましたが、その後はお薬なしでも頭痛はしていません。

何かの参考になればと思いますので、私の飲んだお薬を紹介しておきますね。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

と言います。

一日3包、飲むお薬でした。

自分が体験してみて、「頭痛」がこんなに辛いものなんだと痛感しました。

この痛みが少しでも軽くなって、生活が快適に送れればいいなと心から思います。

「頭痛」は、日常の生活の中で、すぐに痛みを感じるやっかいな症状です。

この記事で、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

頭痛についての他の記事はこちらになります。

👇

頭痛には種類があり、原因や症状も異なります。あなたの頭痛はどのタイプ?

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

[記事公開日]2016/07/22
[最終更新日]2016/09/07

 - 頭痛