エルケアル 

*

がまんできない日中の「眠気」の原因と対処法。もしかして病気が隠れている?

      2017/04/09

1景色 2711

どんなにぐっすり眠ったつもりでも、翌日の仕事中に我慢できない程の「強い眠気」に悩まされることってありますよね。

顔を洗っても、身体を動かしても、ガムを噛んだり、ミント系のあめをなめても、自分をつねったり、叩いたりしても、頭がスッキリせず、何をやっても「眠い」の一言です。

しっかり眠ったつもりなのに、強い眠気に襲われるのは、もしかしたら病気が隠れているかもしれません。

今回はがまんできないほどの「眠気」が起こる可能性のある「病気」と、対処法をお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 

日中の眠気と戦う

日中の眠気がどうしようもなく、辛い時ってありませんか?

眠くなる原因は?

日中に眠い

誰もが一度は経験したことありますよね。

その原因で思い当たるのは、まずは、「睡眠不足」です。

前の日に十分眠れていなければ、翌日の昼間に「眠気」が来ても不思議ではありません。

ですから、自分自身で「睡眠不足」だとわかっていて、その分しっかり「睡眠」をとることで日中の眠気が改善するのなら問題ありません。

問題なのは、「病気」がかくれているケースです。

眠くなる原因はこんなにあった

人間の体内のリズムには、一日に2度「眠気」が強くなる時間帯があります。

夜中の3~4時と、日中の14時~16時の間です。

この時間帯だけは、自分の意志では変えられないものです。

この自然の体内リズム以外ではどうでしょう?

眠くなる原因って実はとても多くあります。

  1. 睡眠不足
  2. 昼食の食べ過ぎ
  3. 生理前もしくは生理中
  4. 更年期障害
  5. 脳の酸欠状態
  6. 運動後
  7. 禁煙に取り組んでいる最中
  8. 肝機能の低下
  9. 睡眠時無呼吸症候群
  10. 過眠症
  11. ナルコレプシー
  12. うつ病

主なものをあげてみましたが、細かくあげるともっとたくさんの原因があるのです。

私たちが毎日、

「眠い、眠い」

とぼやいている原因さえつきとめれば、強い眠気への対処法もみつかるはずです。

 

スポンサーリンク

 

 

■原因別対処法

眠気のくる原因によって対処法をお話しします。

1、睡眠不足

日中に眠くなる原因の中でも多い原因の一つです。

前日の「睡眠」がいつもより、あきらかに短い場合に起こります。

もし、睡眠時間は十分とれているはずなのに眠い場合は、「質のいい睡眠」がとれていない可能性があります。

睡眠時間は十分でも、質が落ちていたら、身体の疲れもきちんととれていない可能性があります。

睡眠時間や睡眠の質を見直してみましょう。

 

2、昼食の食べ過ぎ

日中、眠くなるといえば大体は食後(昼食後)ですね。

たくさん食べたことによって、胃が頑張って働いてくれないと食べ物を消化しきれないためです。

食べ物の消化って思ったより時間がかかります。

朝食べた物は消化に、昼までかかりますし、昼食べたものは夕方までかかるんです。

それなのに、たくさん食べたり、消化のよくない油っこいものばかりとっていると、胃や腸はますます働き通しということになるわけです。

消化のために胃に血の流れが集中してしまうと、その分脳には血液の流れが行きにくくなり、眠気がやってきます。

また、食事中に水やお茶などをたくさん飲むと、胃液が薄まり消化に時間がかかるので、食事中の水分はお味噌汁スープなどで摂るといいですね。

対策としては、「腹八分目」

これが一番です。

血糖値を急激にあげない食べ物も眠気防止にはいいですよ。

例えば、お蕎麦玄米ご飯などです。

早食いもやめましょう。

3、生理前もしくは生理中

原因が思い当たらないのに、

「眠い、眠い」

と思っていたら、2日後に生理になった。

という経験はありませんか?

これは、「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンのせいです。

プロゲステロンには、「強い眠気」を引き起こす働きがあります。

生理前2~7日ぐらいが分泌量が増えるので、この時期は特に「眠気」を感じてしまうでしょう。

また、このホルモンには、体温を上げる働きもあります。

そのせいで、夜なかなか寝付けず思うように熟睡できていないかもしれません。

そのため、日中に眠気として現れるというわけです。

生理が原因の「眠気」は、生理後2~3日で解消されるはずですが、もし、解消されない場合は、他の原因が隠れていることもあります。

対処法としては、わずかな休憩時間でも、

「目をつぶる」

「仮眠をとる」

などの他、仕事の合間に

「深呼吸やストレッチ」

というのもいいですね。

また、眠気だけでなく、月経前症候群としての他の症状もあって、辛いと感じたなら、一度婦人科を受診されることをおすすめします。

こちらの記事も参考にしてくださいね。

👇

月経前症候群って病気なの?頭痛やイライラもその一つ。治す方法はあるの?

4、更年期障害

40代、50代の女性で、家事や仕事中にがまんできないほどの「眠気」が来たら、もしかしたら、それは「更年期障害」の一つかもしれません。

生理の周期が不規則になって来て、閉経を迎える前後に起こることが多いのですが、原因は自律神経の乱れによるものだと考えられます。

この年代であれば、育児、家事、仕事にもフルで取り組んでいる時期ですので、日中に「眠気」を感じても不思議ではありません。

しかし、がまんできないほどの「眠気」が起こったり、「寝ても寝ても眠い」となると、「更年期障害」の可能性がでてきます。

睡眠をコントロールしてくれる交感神経や副交感神経の働きがうまくバランスがとれず、日中の活動的な時間帯に強い「眠気」となって表れるのです。

疲労が蓄積していたり、ストレスをうまく解消できていないと、よけいに自律神経の乱れがひどくなります。

手っ取り早い対処法は、仮眠をとることです。

その他にも、ストレスをためないように、日頃リラックスできる運動や趣味を取り入れるのも一つの方法ですね。

忙しい年代ですので、長時間眠ったほうがいいと思っても、なかなかできないことです。

  • 無理をしない
  • ストレスをためこまない
  • 適度な運動
  • 10分でもいいので仮眠をとる

など、意識するだけでも違ってきます。

5、脳の酸欠状態

職場のデスクワークなどで、同じ姿勢を続けていると、血行が悪くなり、脳にうまく酸素が行き渡らなくなることがあります。

退屈というわけでもなく、寝不足でもないのにあくびが何度も出て、眠い感じがします。

このような時は、大きく深呼吸をしたり、伸びをしたり、ストレッチをして身体をほぐしてあげましょう。

6、運動後

運動した後などに、程よい疲労感と同時に「眠気」が起こりませんか?

これは、運動するときに、血液の中の糖分がエネルギーとして使われることで血糖値が下がり、脳の働きが低下して、「眠気」が起こります。

その他にも、運動して温まった身体が徐々に冷えていく過程で「眠気」を感じるせいもあります。

運動をすると、身体をとても使いますが、その疲れを回復させるために、自動的に身体が自分で休息しようとして「眠気」が起こることも一つの原因です。

血糖値が下がっての「眠気」には甘いジュースやあめをなめるなど、即効性のある糖分を補給してあげるといいです。

疲労感などから来る「眠気」には、仮眠などで疲労回復してあげるのがおすすめです。

7、禁煙に取り組んでいる最中

タバコを吸わない人の脳では、

「アセチルコリン」

という物質が作り出されて、頭の中をスッキリさせています。

しかし、タバコを吸っていると、「ニコチン」が身体に吸収され、「アセチルコリン」の代わりに「ニコチン」が働いてしまうため、脳は「アセチルコリン」を作る必要がないと思い込み、作り出すのをやめてしまうのです。

そんな時に禁煙すると、脳の中に「ニコチン」は入って来ないし、「アセチルコリン」もない状態になってしまい、脳をスッキリさせる物質がないのです。

それで、がまんできないほどの「眠気」に襲われてしまいます。

禁煙を始めたばかりの人の禁断症状ですね。

では、もともと脳で働いてくれていた「アセチルコリン」はいつになったら復活してくれるのでしょうか?

禁煙開始から約3週間~1か月ほどです。

この場合の対処法は、仮眠をとったり、身体を動かして眠気を紛らわす他に、ミント系のガムやあめを食べる。カフェインをとるなどです。

せっかく禁煙を始めたのなら、途中で挫折するのはもったいないです。

頑張ってくださいね。

8、肝機能の低下

意外と原因として見落としがちなのが肝臓の働きが悪くなっているという点です。

肝臓は、もともと身体の代謝(色々な栄養素を合成したり、分解したりする働き)を行っています。

肝臓が弱っていたり、疲れていたらこの代謝が効率よくできなくなるので、身体の中に老廃物がたまってしまい、身体自体の疲れもとれなくなります。

ですので、寝ても寝ても「眠い」状態が続くのです。

肝臓には解毒作用もあります。

身体に有害なものをためないように、外へ出してくれるのです。

  • アルコールの摂り過ぎ
  • 暴飲暴食
  • 過労
  • 運動不足または運動のし過ぎ
  • 夜更かしや徹夜
  • ひどいストレス

など、身体に悪いものは、肝臓をいじめるもとになります。

身体に優しい生活を送ることで肝臓が元気になり、正常に働いてくれます。

また、肝臓に病気が隠れていると、手の平でこぶしを作って、ぎゅーっと握りしめたときに、その手を開いて黄色っぽくなっていることがあります。

これは、黄疸(おうだん)と呼ばれる症状です。

食後に胃もたれがひどいのも肝臓病の症状の一つです。

気になったら、病院で検査を受けましょう。

9、睡眠時無呼吸症候群

寝ている間に、何度か、短時間呼吸が止まって眠りを妨げる病気です。

夜の睡眠が十分とれていないため、日中に「眠気」がきます。

この病気については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

放っておくと怖い「睡眠時無呼吸症候群」ってどんな病気?原因は?治す方法は?

10、過眠症

夜に十分な「睡眠時間」をとっているにもかかわらず、日中に猛烈な「眠気」襲われる病気の総称です。

種類が3つあって、

  1. ナルコレプシー
  2. 特発性過眠症
  3. 反復性過眠症

に分かれます。

次の項で説明している、ナルコレプシーは「レム睡眠」という浅い眠りが日中に繰り返され、10~20分程度でスッキリ目が覚めるのに対して、特発性過眠症では、「ノンレム睡眠が起こり、日中でも1~4時間ぐらい眠り続けてしまうこともあります。

眠りが深いため、途中で起こしても、ぼーっとしていてしっかり目が覚めない状態のこともあります。

睡眠外来や「○○睡眠クリニック」などの診療機関を受診するのがおすすめです。

近くに睡眠の専門の医療機関がない場合は、総合病院などで、「睡眠について」の悩みと症状を説明して診察してもらいましょう。

11、ナルコレプシー

「オレキシン」というホルモンが不足することによって起こる病気です。

「過眠症」の一つで、日中のどんな時でも、突然眠ってしまう病気です。

食事中であろうと、自動車の運転中であろうと、おかまいなしです。

突然「眠り」について、10~20分ぐらいで目が覚め、その時はスッキリとしています。

しかし、また突然「眠り」についてしまうのです。

日中に3~5回、多い人は10回ほど繰り返します。

この病気による「眠気」というのは、睡眠不足で眠くなるものとはレベルが違い、3日間眠っていない時の「眠気」と同じくらいで、がまんできないほどです。

10代の若者に多いと言われていて、ただの居眠りと判断されてしまうことも多いです。

この病気かどうかを見分ける方法として、

感情の変化に伴って、身体の力が抜ける。

というのがあげられます。

嬉しいとか驚いたとか、楽しくて笑ったと言った感情の変化の最中に身体の力が抜けて、その場に倒れたり、あごの力が抜けてろれつが回らなくなったりしてしまうのです。

この発作は1~2秒で収まるものの、その間は意識がはっきりしているにもかかわらず、身体を自由に動かせないという事態に陥ってしまうのです。

睡眠外来などの専門機関で診てもらいましょう。

12、うつ病

落ち込んだり、疲れた感じが続いたり、やる気が出ない、だるいといった症状が出る精神の病気です。

うつ病には、眠れない「不眠」の症状もありますが、寝ても寝ても「眠い」という「過眠症」の症状もあります。

日中の強い眠気と共に、精神的な症状も出てくるようでしたら、精神科の受診をおすすめします。

 

様々な原因と対処法があります。

普段と違うような、がまんできないような辛い「眠気」が続くときには、生活習慣や体調のせいだけでなく、病気が隠れていることもありますので気をつけてくださいね。

日中の眠気をすぐに改善できる方法

上記の記事でも書きましたが、

日中の眠気がひどい場合、

いくつもの原因が考えられます。

 

日中の眠気がひどくてつらい

今すぐにでもどうにかしたい!

すぐに改善できる方法ってないの?

 

病院に行ったり、生活習慣を改善したり・・・・・

確かにそれで睡眠の質が改善されて、

日中の眠気は解消されるかもしれません。

 

でも時間がかかるし、面倒な手間がかかる

 

もっと手軽にできる方法はないかな?

今すぐにでもどうにかしたい!

 

私は睡眠サプリを試してみました。

薬ではなく天然ハーブの食品をとることで

足りない栄養素を身体に入れてあげる。

睡眠の質をよくする

ぐっすり眠れるようになる

日中の眠気がとれる

 

私はそれまでなかなか寝付けないことが

多く、夜中に何度か目が覚めていました。

日中の眠気もひどく仕事中も辛かったです。

 

それが改善されたんです。

 

睡眠サプリを飲んで私の生活は変わりました。

 

私のサプリ体験談を読んでみる

  ↓  ↓  ↓

睡眠サプリ「マインドガードDX」の効果はいかに?私も体験してみました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

感想やご意見など、どんなささいなことでも気軽にコメントくださいね。

 

[記事公開日]2016/06/09
[最終更新日]2017/04/09

 - 睡眠