エルケアル 

*

やせたい人必見!「睡眠」と「肥満」の関係。ダイエット効果を高める睡眠について

      2016/12/18

景色 301

睡眠は、健康と深く関わっています。

「質のいい睡眠」をとれるようになると、生活が明るく元気に過ごせるようになります。

毎日が充実して良いことばかりです。

その「睡眠」が、実はダイエットにも大きく関係していたことをご存知でしたか?

身体の疲れもとれて、気分も明るくなれて、おまけにダイエットにも効果があるなんていいことずくめですよね。

今回は、「睡眠」と「肥満」の関係についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 

■肥満の悩み

肥満の悩みを持つ人は必見です。

睡眠の取り方次第で、ダイエットに結び付くんです。

ダイエットが続かない理由

ダイエットは多くの女性の永遠のテーマ

と言っても過言ではありません。

しかし、効果が出るまでに挫折してしまう人が多いのは何故でしょうか?

それは、「辛い」からです。

ダイエットとは、

  • 辛いもの
  • 我慢することが多い
  • 努力を必要とする
  • 管理が面倒くさい
  • 習慣になりにくい

などの理由で続かないことが多いです。

しかし、眠り方を考えて、意識するだけで「ダイエット」になるのです。

毎日の睡眠がダイエットになるなんてうれしいですね。

これなら飽きっぽい私でも続けられそうです。

辛いこともなく、努力というほど大変なこともせずにすみ、管理する必要もなく、何の我慢も必要ありません。

習慣にしなくても、毎日眠るのが当たり前ですので、すでに生活習慣の一つですね。

睡眠と肥満の関係

「質のいい睡眠」をとると、体脂肪を分解するコルチゾールや、筋肉の合成を助けたり、脂肪燃焼の働きがある成長ホルモンが分泌されます。

また、「睡眠」というのは、カロリーを使う行為です。

正しい睡眠をとると、300キロカロリーの消費が可能なのです。

ただ寝るだけと思ってはいけないですね。

何か運動をと、仕方なく取り組むよりも効率のいいダイエットだと思いませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

■ダイエットに効果がある「睡眠」

どんな睡眠がダイエット効果をもたらすのでしょうか?

睡眠中に出る成長ホルモンの効果

「質のいい睡眠」をとると、成長ホルモンが分泌されます。

そのホルモンは、

  • 代謝が上がる
  • 脂肪が燃えやすくなる
  • 筋肉が大きくなる
  • 肌の再生に大きく影響する

など、美容やダイエットに嬉しい効果があります。

どんな「睡眠」の取り方をすればいいの?

まず、睡眠時間が関係してきます。

睡眠時間7時間~9時間がダイエットに一番効果があります。

短ければ、短いほど肥満になりやすいのです。

私は、短眠(ショートスリーパー)に近いので、「ダイエット」という点においては、逆効果ですね。

う~ん、悩むところです。

睡眠時間がどうして関係あるの?

ダイエットに効果のある「成長ホルモン」については、お話ししました。

筋肉を作ったり、お肌など美容面にも効果がありますが、一番は、体脂肪を分解してエネルギーの代謝を上げてくれることです。

この「成長ホルモン」が、眠りについてから3時間~4時間で分泌されるので、この間にはしっかり眠ることが前提です。

もう一つ、ダイエットに関係するホルモンがあるのです。

それは、「レプチン」というものです。

別名「痩せホルモン」とも言われ、食欲を抑える働きと、エネルギー消費を高めてもくれるのです。

まさにダイエットにぴったりのホルモンですね。

この、「レプチン」は、睡眠時間が長ければ長いほど増えるというのです。

たっぷり寝るだけで痩せられる

眠るのが大好きな人にとっては、最高ですね。

効果はあるの?

これらのホルモンは「質のいい睡眠」を得るための時間帯、夜10時~翌朝2時までにたくさん分泌されます。

夜更かしはなるべくやめて早めに寝ましょう。

「痩せホルモン」である「レプチン」の量を増やしたいなら、7時間以上は睡眠をとってほしいです。

ただでさえ忙しいのに、そんなに眠れるなら苦労しないわ。

それもそうですよね。

7時間の睡眠をとってほしいところですが、

ダイエット効果を考えるなら、最低でも6時間以上はとってくださいね。

睡眠時間が短いと、起きている時間が長くなるのは当たり前ですが、そのせいで、お腹も空きますし、三度の食事以外にも食べてしまう可能性が高くなります。

これもダイエットには大敵ですね。

今回は、

眠るだけでダイエットになる」

とお話ししましたが、

寝るだけでダイエットになる」

という訳ではありません。

「質のいい睡眠」をしっかりとれたうえでの長い睡眠時間です。

浅い睡眠を何時間もダラダラと取り続けても痩せる訳ではありません。

疲れもとれて、「睡眠時間」に対する満足感もあり、「ダイエット」にも効果がある。

そんな睡眠を目指してみませんか?

このダイエットの効果があるかという疑問ですが、

人によって様々です。

やはり、効果の出る人と出ない人に分かれてしまうのは、どんなダイエットでも同じですね。

ただ、ダイエット目的で始めたけど、

  • ぐっすり眠れるようになって、お肌の調子がよくなった
  • 毎朝太陽の光を浴びて目覚めがよくなった
  • 便秘解消につながった

などの嬉しい効果があるようなので、やってみて損はなさそうですね。

私も、何とか睡眠時間を確保できるよう、努力してみます。

一緒にチャレンジしてみませんか?

この他の「睡眠」に関する記事もありますので、よかったら参考にしてくださいね。

👇

生活改善で睡眠の悩みとさよなら、理想の睡眠を手に入れよう

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

[記事公開日]2016/06/01
[最終更新日]2016/12/18

 - 睡眠