景色2611

寝る前にお腹が空いていると、なかなか眠れないですよね。

だからといって、寝る前の食事やアルコールは睡眠の質を落としてしまいそうで、悩んでしまいます。

悩みながら何かを口にしても、気持ちはモヤモヤして罪悪感が残ってしまいます。

どうしても、空腹で眠れないときのお助けとなる物があれば気にせずに、ぐっすり眠れるのではないでしょうか?

今回は、お腹が空いて眠れないときの対処法と、どうしても何かを口にしたいときのおすすめについてお話しします。

 

 

 

スポンサーリンク

■空腹と睡眠の関係

お腹が空いているときにはそのまま寝た方がいいのでしょうか?

それとも何かしら口にして寝た方がいいのでしょうか?

お腹が空くと眠りに影響するの?

空腹のまま寝ようとしても、眠れず、無理やり眠れても、夜中に起きてしまって間食をしてしまうのは健康にも美容にもよくありません。

寝ている間に身体の筋肉をつくる働きもうまくいきません。

また、あまりに空腹過ぎると、脳が覚醒してしまい、完全に眠れなくなってしまうこともあります。

空腹なのに、全く何も食べないというのは、脳にも身体にもよくないことです。

睡眠の質を考えるなら、寝る前の飲食は、基本的にはNGです。

しかし、空腹を我慢し過ぎて、なかなか寝付けないのはよくありません。

そんな時は、量や内容に気をつけながら、少量の食べ物や飲み物を摂るようにしてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

寝る前に摂るとしたら

おすすめは、温かいスープホットミルクです。

固形物ではありませんし、消化にもよく、空腹を紛らわせることができる優れものです。

ホットミルクは一押しの飲み物です。

牛乳に含まれる「トリプトファン」という成分が睡眠物質である「セロトニン」を作るもとになってくれます。

セロトニンが分解されると、「メラトニン」という成分が出てくるのですが、これが、睡眠の質を高めてくれ、気持ちいい眠りを手に入れる働きをしてくれるのです。

睡眠ホルモンについては、こちらでも触れています。

👇

睡眠前の食事で気をつけること、「時間」「量」「内容」「摂り方」

牛乳には、多くのカルシウムが含まれます。

自律神経の中の交感神経の働きを抑える役割があるので、リラックスできて、寝つきをよくし、質の良い睡眠を手に入れられるようになります。

他におすすめの飲み物は、ホットココア、白湯、カモミールティー、生姜湯などです。

ホットココアは、リラックス効果抜群の飲み物ですし、牛乳を入れることで、寝つきもよくなります。

カモミールティーにはたくさんの効能があり、その中の一つに、安眠、リラックス効果があるので、ぐっすり眠れますよ。

ただし、妊娠中の人、キク科アレルギーの人はお医者さまに相談してから飲む方がいいと思います。

白湯などは、お金もかかりませんし、カロリーを気にすることもない飲み物ですよね。

また、白湯は、冷え性や便秘気味の症状にも効いてくれる飲み物なんですよ。

よかったらこちらの記事を参考にしてくださいね。

👇

冷え性改善!まさかと思う前に試してみて!毎日の飲み物を白湯に変えるだけ。

生姜湯は、身体をぽかぽか温めてくれる効果があります。

冷え性にも効きます。

身体を温めておいて、その後、体温が下がってくる過程で眠気が発生するという身体のしくみを考えると、寝つきもよさそうですね。

飲み物だけでは、どうにも空腹が治まらないという場合は、ヨーグルトや少量の果物、うどん半玉くらい、何もつけないトーストなどを摂ってみてはどうでしょうか?

 

 

 

摂らない方がいい物は?

飲み物では、コーヒー緑茶などカフェインが含まれているものです。

カフェインは、交感神経を活発にして、軽い興奮状態を作り出してしまいます。

寝付きにくくなるだけでなく、深い睡眠も得られませんので、睡眠の質が低下してしまうことになります。

そしてアルコールです。

アルコールの弊害は、こちらでお話ししました。

👇

知っておきたいアルコールと睡眠の関係、快適な眠りをうながすお酒の飲み方と注意点

以上が寝る前にNGな飲み物です。

睡眠には水分が必要

色々な飲み物をあげましたが、水分は身体に必要な物です。

その点から言うと、「水」も重要な飲み物です。

「水」は、睡眠自体の質を良くしてくれます。

水を飲むことで、身体中の血液をサラサラにして、快適な睡眠へと導いてくれます。

寝る前の30分から1時間ぐらいで飲んでおくのがポイントです。

私たちの身体の大半は、もともと水分で出来ています。

水分を摂ってあげることは、お肌にも健康にも良いことなのですね。

便秘の解消にもつながりますし、こまめに水分を補ってあげることで、睡眠だけでなく、身体も喜んでくれるのではないでしょうか?

あまりに、空腹がひどい場合は多少の固形物をとっても良いと思います。

できれば、寝る前には、消化にもよく、身体も喜ぶ水分(飲み物)のみで眠ることをおすすめします。

空腹を我慢しなくてもいい

それだけでも、気持ちは軽くなると思います。

仕事の都合や、生活時間のズレなどで、やむを得ず遅い食事になりそうな時は、

食べないで寝ちゃおう

と考えがちです。

しかし、空腹すぎるのも安眠にはよくないことがわかりました。

その日の体調や、時間帯、気分によって、何か一つ選んでとってみてはどうでしょうか?

それが質の良い睡眠につながれば私も嬉しいです。

この他の「睡眠」に関する記事もありますので、よかったら参考にしてくださいね。

👇

生活改善で睡眠の悩みとさよなら、理想の睡眠を手に入れよう

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

スポンサーリンク