エルケアル 

*

生活改善で睡眠の悩みとさよなら、理想の睡眠を手に入れよう

      2017/02/22

眠り (2)1

私たちは、一日の終わりに毎日眠ります。

一日24時間の中で、1/3~1/4の時間を「眠り」に費やしています。

睡眠をとることで、一日の疲れをとり、翌朝の活力を培います。

でも、もし、大切な睡眠時間の中で思ったように眠れず、身体や心が疲れたままだとどうなるでしょう。

日常生活を気持ちよく送れないばかりか、様々な不調を感じることが多くなり、やがては病気になってしまうことすらあるのです。

「睡眠」についてもう一度考え、明日からの健康な目覚めを手に入れましょう。

今回は、睡眠においてどのような悩みがあるのか、そしてそれを解決する方法はあるのかについてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 

■睡眠の役目

毎日、当たり前のようにとっている睡眠ですが、健康や身体の機能のリセットなど役目がたくさんあります。

睡眠って何のためにあるの?

たいていの人は毎日睡眠を必要としています。

睡眠は何のためにあって、どのような効果があるのでしょうか?

一日使った、脳と身体の疲れを取り除く

生活の中で仕事や家事などでエネルギーを消耗すると、疲労がたまります。

その疲労を取り除いてリセットすることで、次の日の活力をもらえるのです。

ストレスを取り除く

身体だけでなく、一日の中で心も疲れます。

「つらいことや悲しいことがあったら眠って嫌なことを忘れる」

という人もいるくらいです。

眠ることで精神的な疲労を軽減してくれます。

ホルモンを分泌して再生する

わかりすいのが、「子供の成長」「肌の再生」ですね。

眠ることで、ホルモンの分泌をうながし、お肌の調子もよくなります。

眠るということは、一日、一日、明るく元気に生活していくために必要なことだと言えますね。

睡眠の悩みってどんなものがあるの?

大切な睡眠なのに、

「自分が望むような眠りを手に入れられない」

と感じている人(特に女性)が多いようです。

どんな悩みがあるのでしょうか?

  • 疲れがとれない
  • 夜中に目が覚める
  • 眠りが浅い
  • 寝つきが悪い
  • 一度目が覚めると再び寝付きにくくなる
  • 睡眠時間がとれない
  • 物音や家族などに起こされる
  • 朝スッキリ起きれない
  • 家族にいびきがうるさいと言われた
  • 暑さや寒さで起きてしまう
  • 睡眠薬がないと眠れない
  • 歯ぎしりをしてしまう
  • 無呼吸症候群かもしれない
  • 不規則な睡眠時間
  • 昼間に眠い

などなど、数多くあります。

 

スポンサーリンク

 

 

睡眠の悩みは一生ついてまわるもの?

睡眠についての悩みは特に女性に多く、それは生活スタイルにも大きく関係してくるかもしれません。

女性には、妊娠・出産という時期があります。

妊娠時のお腹の大きい中で、なかなか寝付けないとか、つわりでぐっすり眠れないということもあります。

出産後は、育児に追われて、睡眠時間が削られます。

「ぐっすり寝たいのに寝られない環境」

に身を置くことになるのです。

これは私の体験ですが、子供が生まれて何か月かは、2時間ごとに授乳で起こされていました。

最初の1~2回は大丈夫なのですが、その内、自分が今何をしているかわからないくらい意識もうろうとして授乳していた記憶があります。

その頃は、子供がお昼寝をしていてくれる間に、

(たまった家事を片づけよう)

と思うのですが、実際は子供に添い寝しながら、自分もぐっすり眠っていました。

たまに、実家に遊びに行ったときに、母から

「何もしなくていいから、少しお昼寝しなさい」

と寝かせてもらうときに、(何よりうれしい)と感じたものです。

今、子育てから解放された年代になってみると、今度は、

若い時のように、寝ても寝ても眠いということはないのですが、

朝起きたときに疲れが取れた気がしない

ことがよくあります。

それと、夜中によく目が覚めます。

それぞれの年代や環境によっても、悩みの内容は変わると思います。

乳がんの治療中には?(私の経験から)

私の経験上のお話しになります。

乳がんを患って、「抗がん剤治療」を行いました。

その時の副作用の強さに、眠れず、生まれて初めて「睡眠導入剤」を服用する生活を送り続けました。

脱毛した頭の寒さや医療用の帽子をかぶって眠ることで、安眠につながりました。

睡眠には快適な温度も必要ということですね。

(こちらの記事もよろしかったらお読みください)

👇

脱毛(副作用)で体験するウィッグによる温度感覚

私の経験は一例にしか過ぎませんが、病気などで眠れないという辛さを感じている人も多くいらっしゃると思います。

睡眠って、本当に大切です。

人生損してる?

睡眠に使う時間を一日8時間だとします。

一日の1/3の睡眠に関して悩みを持つということは、人生の1/3を損していることになるのでしょうか?

答えはYESでもあり、NOでもあります。

確かに悩みを持つ睡眠時間で人生の1/3を損しているかもしれません。

でも、それだけではないんです。

1/3の睡眠時間が引き起こす、不調や悩みは、残りの2/3の起きている時間にも影響を与えているのです。

  • 一日が快適に過ごせない
  • 疲れを感じたまま仕事する
  • 眠気との闘いで集中力が途切れて、勉強や仕事の効率が低下する
  • イライラしたり、わけもなく不安な気持ちになってしまう
  • 身体がきつい

このような症状が出るならば、人生1/3だけでなく、人生丸ごと損しているのかもしれませんね。

逆に、一日の1/3の睡眠時間を気持ちよく満足して過ごせれば、残りの2/3の生活時間も充実したものになるのではないでしょうか?

満足のいく睡眠を手に入れるために

睡眠に関する悩みを解消できれば、心も身体も元気に過ごせて毎日が充実しそうですね。

具体的にどうやって悩みを解消すればいいのでしょうか?

睡眠のアンケート調査では、

満足できるような心地よい眠りを手に入れるためにやっていること

  1. お風呂の入り方を工夫する
  2. ストレッチやヨガなどの運動
  3. 読書をする
  4. 音楽を聴く
  5. マッサージをする
  6. 温かい飲み物を飲む
  7. 寝る直前に携帯やパソコンを見ないようにする
  8. アロマやお香をたく
  9. 目の疲れをほぐす

などがありました。

自分でできる方法もたくさんあると思います。

専門の医療機関を受診した方がいい場合もあると思います。

明日からの朝の目覚めが楽しみになるような「眠り」を手に入れましょう。

そして、残り2/3の生活時間が心も身体もスッキリとした状態で過ごせるといいですね。

睡眠についての記事を書いています。

参考にしていただければ嬉しいです。

👇

アルコールを飲むと睡眠にはどのような影響を与えるのかを書いた記事です。

知っておきたいアルコールと睡眠の関係、快適な眠りをうながすお酒の飲み方と注意点

睡眠中の「いびき」の悩みを持つ人は意外と多いです。どうすればいびきは治るのでしょうか?

自分で気が付かない睡眠中の「いびき」どうすれば治るの?

自分ではわからない「歯ぎしり」、家族や友人に言われてショックってこともありますよね。

改善法を知りたい方は、こちらからどうぞ

睡眠中の歯ぎしりはなぜ起こるの?タイプの種類と改善法とは?

不眠の悩みの中の一つ「中途覚醒」は、最初の寝つきは案外すんなりといくので、悩みとして自覚していない人が多いようです。

問題は、夜中に一度目が覚めてから再び眠ろうとするときに、「寝つき」が悪い場合です。

思い当たりませんか?

夜中に何度も目覚めてしまう「中途覚醒」原因は?対処法は?

寝る姿勢は、人それぞれだと思います。身体に一番いい寝方はどれでしょう。

睡眠中の姿勢って大事、疲労回復や健康のためにいいのはどんな寝方?

睡眠前の食事は、睡眠の質を大きく左右します。

正しい摂り方や、気をつけたほうがいいことを書いています。

睡眠前の食事で気をつけること、「時間」「量」「内容」「摂り方」

夜に働く人にとって、「睡眠」の悩みは深刻そのものですよね。

少しでも、良質な睡眠をとるために工夫できることを書いています。

生活リズムと睡眠、「夜勤」のときの対処法。夜に働くあなたのために

「睡眠時無呼吸症候群」って聞いたことありますか?

睡眠中のいびきや無呼吸がある場合は気をつけたい病気です。

放っておくと怖い「睡眠時無呼吸症候群」ってどんな病気?原因は?治す方法は?

睡眠は「脳」や「身体」にたくさんの影響を与えています。

その内容を知ることで、ますます睡眠を改善していきたいと思うかもしれません。

「睡眠」が身体や脳に与える影響。意外と知らない睡眠の役割

お腹が空き過ぎると眠れません。

寝る前に飲んでもいい飲物とNGな飲み物について

空腹で眠れないそんなときは?寝る前にOKの飲み物、NGな飲み物

太陽の光が睡眠に影響を与えていることはご存じですか?

体内時計のズレも調整してくれるおひさまは、睡眠にも重要な役割を持っているのです。

「眠り」と「目覚め」に日光って大事です。おひさまパワーを浴びよう

普段使っている、身の回りの寝具に目を向けてみませんか?

寝具が睡眠に与える影響も需要です。

睡眠にはやっぱり「寝具」が大切。布団、枕、パジャマの選び方

毎日の「寝相」、気になりませんか?

寝ている間の「寝返り」が多すぎることも関係しています。

どうすれば改善できるのでしょうか?

寝相が悪いと嘆かないで。睡眠中に何度もうつ「寝返り」には意味があった

寝る前のお風呂の入り方で驚くほど寝つきがよくなるんです。

質のいい睡眠を得るための正しいお風呂の入り方について書いています。

「睡眠」と「入浴」の関係、正しい眠りと正しいお風呂の入り方

睡眠をとる環境を気にした事はありますか?

寝室の環境を整えることで満足のいく「睡眠」が得られるかもしれませんよ。

眠りを大きく左右する睡眠環境。寝室の明るさ、色彩、温度、湿度、音について

「ブルーライト」って聞いたことはありますか?

パソコンやスマホの画面から出ている青い光のことです。

日常の中であちこちに溢れているこの青い光が、睡眠に影響を及ぼしていることを知っていますか?

「パソコン」「スマホ」の青い光が睡眠に与える影響。夜を昼だと勘違いする脳

朝スッキリと目覚めたい。

誰もが思うことです。

身体や心の疲れが取り除かれた朝は、一日のスタートをきるのに最高です。

朝スッキリと目覚めるために、夜の睡眠について工夫する内容を書いています。

朝スッキリ起きるための「睡眠」の取り方。ちょっとの工夫で目覚め快適に

心地よい睡眠をとるためには、日中の活動の量が必要になります。

その活動量を補うために取り入れる「運動」についての記事です。

ぐっすり眠るには頭よりも身体の疲れが必要。「睡眠」のために取り入れる運動とは?

一日の中で眠ってはいけない時間帯があるって知ってましたか?

この時間帯に眠ろうとしてもなかなか寝付けず、ストレスもたまってしまうかも。

質のいい睡眠をとるために寝てはいけない時間帯。何時から何時まで?過ごし方は?

睡眠時間によってロングスリーパーとショートスリーパーに分かれます。

あなたはどちらですか?

睡眠時間ってどれくらい必要?あなたはロングスリーパー?ショートスリーパー?

「睡眠」が「肥満」と大きく関わっていることをご存じでしたか?

眠るだけでダイエット効果が望めるというのです。

やせたい人必見!「睡眠」と「肥満」の関係。ダイエット効果を高める睡眠について

「夢」を見るメカニズムってどんなものでしょう?

自分でコントロールできるのでしょうか?

夢を見るメカニズム。良質な睡眠との関係は?自分でコントロールできるの?

二度寝をしてしまって、自己嫌悪に陥ったことはありませんか?

二度寝にはとてもいい効果があるのです。

今日から二度寝のイメージが変わりますよ。

朝の二度寝はこんなにいいことばかり。ストレス解消効果をかみしめよう。

どうしても眠れないときに睡眠薬って使ってもいいのでしょうか?

もし、使うとしたらどんな副作用があるのでしょう?

夜どうしても眠れない、そんなときの「睡眠薬」。気になる副作用と効果的な使い方

睡眠は、寝る前の行動が一番影響します。

とったほうがいいおすすめ行動ととってはいけないNG行動について書いています。

快適な「睡眠」を得るためには?寝る前のおすすめ行動、NG行動

わずかな物音にも目が覚めてしまう。

人よりも敏感な気がする。

そんな時の対処法は?

眠りが浅い?小さな物音でも目が覚めてしまう時の対処法

がまんできないほどの日中の「眠気」はとても辛いものです。

生活習慣に原因があることもありますが、病気が隠れていることもあります。

日中の眠気を引き起こす原因を探ってみました。

がまんできない日中の「眠気」の原因と対処法。もしかして病気が隠れている?

うたた寝や居眠りは大切なんです。

仮眠の効果とはどんなものでしょうか?

うたた寝や居眠りのすすめ。「仮眠」の効果とその取り方について

睡眠不足が引き起こす心や身体の様々な症状について取り上げてみました。

睡眠不足はこんなに怖い!健康に与える影響と様々な症状

毎日が楽しくなる、そして「睡眠」が楽しみになるそんな方法があるんです。

睡眠がもたらす快適な生活。眠ることが楽しみになる習慣を

どうしても寝付けない、眠くならない、夜中に何度も目が覚める。

これって辛いですね。

私の体験談です。

どうぞお読みください。

眠りたくても眠れない!眠ろうとすればするほど寝付けない、そんな時の2つの選択(わたしの場合)

質のいい睡眠をとるカギが朝食にあったなんて知っていましたか?

睡眠の質をあげるカギが「朝食」にあった、どんな朝食をとればいいの?

睡眠を一日のゴールととらえるのか、次の日に向けてのスタートとらえるかで生活は変わってきます。

睡眠は一日のゴールではなく、翌日のためのスタート準備です。明日の快適生活はすでに始まっています。

色々試したけど、なかなか改善されない睡眠の悩みを薬に頼らず変えてみよう。

睡眠の質を今よりワンランクアップするサプリとは?睡眠サイクルとリズムを改善しよう

実際に私が試した、睡眠サプリ「マインドガードDX」その体験談と効果について

睡眠サプリ「マインドガード DX」の効果はいかに?私も体験してみました。

気持ちのいい眠りには寝具の使い方にもコツがあります。

心地よい眠りを目指そう、寝具の上手な使い方

睡眠に色が影響している?

睡眠を左右する生活の中のカラーについて、眠りの質を高める色とは?

体温や室温などの温度が睡眠に関係しています。

睡眠には温度管理も大切、エアコンの上手な使い方

睡眠サプリ「マインドガードDX」って副作用はないの?

マインドガードDXって副作用は大丈夫?気になる成分について

睡眠サプリ「マインドガードDX」って本当のところ効くのか、効かないのか?

マインドガードDXって本当に効くの?効かないの?不安なあなたへ

睡眠サプリ「マインドガードDX」のお得な価格は?

マインドガードDXをお得な価格で試す方法、最安値はどこ?

日中の眠気に私はコーヒーが効きました。

その摂り方とタイミングは?

日中の眠気に効果あり、コーヒーと仮眠の組み合わせ(体験)

あなたの睡眠の状態は一体どれですか?

あなたの睡眠は大丈夫?不眠症か寝不足か?はたまた「かくれ不眠」か?

不眠と不眠症、似てるけど違うの?

不眠と不眠症の違いって?自分の睡眠のことわかってますか?

寝だめって効果はあるの?

睡眠不足は「寝だめ」で解消できるの?正しい寝だめのやり方

本気の睡眠、手に入れてみませんか?

本気で眠りたいと思ったときにやるべきこと、おすすめ

睡眠時間が短ければいろいろ活用できるのに・・・

忙しいと睡眠を削るしかない?ショートスリーパーってなれるものなの?

睡眠には光や音が影響しますが、その数値ってごぞんじですか?

睡眠の環境で大切な音と光の刺激、図書館の静けさが必要

日中の眠気にカフェインは効果的ですよね。私、試してみました。

日中の強い眠気がまったく来なかった一日、カフェインのおかげ?

 

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

[記事公開日]2016/05/10
[最終更新日]2017/02/22

 - 睡眠