かみあわせ

「ご存じでしたか?歯の噛み合わせの重要性を」

歯の噛み合わせがよくないと、どんな影響があるのでしょうか?

スポーツ選手は、歯をくいしばることが多く、その時に噛み合わせがしっかりしていることで自分の持っている力を十分に発揮できるといいます。

歯の噛み合わせが悪いと顎の筋肉だけでなく、全身の筋肉のバランスにも影響を与えます。

身体の柔軟性、けがの予防、身体能力の発揮など、色々な面での関係性が高いと言われています。

その歯の噛み合わせが私たちの生活にも大きく関係しているとしたら、ちょっと気になりませんか?

それも、日頃悩んでいる

「辛い肩こり

が、歯の噛み合わせを治すだけで、治るかもしれないなんて驚きですね。

今回は、歯の噛み合わせと肩こりについてお話ししていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

■歯の噛み合わせが悪いと何が起こる?

歯の噛み合わせは悪いよりもいいにこしたことはありませんが、噛み合わせの悪さがどんな影響を及ぼすのかご存じでしょうか?

そもそも噛み合わせが悪くなる原因は何?

年齢と共に、歯がすり減ったり、噛む筋肉が弱くなるのは仕方のないことです。

これによって、顎の関節の変化が出るのは年をとれば自然のことです。

問題は、歯並びが悪いとか、歯を抜いたりして失うと言った、急激な変化によってバランスがくずれることが原因で

噛み合わせが悪くなる

のです。

症状について

歯の噛み合わせが悪いことで起こる症状にはどんなものがあるでしょう。

  1. 虫歯になりやすい
  2. 歯周病になりやすい
  3. 歯の治療がやりにくい
  4. 顎関節症になりやすい
  5. 左右の顔の筋肉の大きさが変わり顔が歪みやすい
  6. 頭痛になりやすい
  7. 肩こりが起こりやすい
  8. 自律神経失調症にも注意が必要

噛む筋肉は首や肩につながっているので、噛み合わせが悪いと筋肉のバランスが悪くなり、肩こりになりやすいのです。

しかし、こんなに色々な症状につながる可能性があるのなら、肩こりがなくても、少しでも早く治したいですよね。

スポンサーリンク

歯の噛み合わせの治療とは?

歯の噛み合わせの治療ですので、歯科受診によるものが一般的ですね。

基本的に、噛み合わせの治療は、保険がきかず、高額で、長期間に及ぶという特徴があるので良い治療だとわかっていても尻込みしてしまうものです。

気になる費用と金額ですが、歯科の病院によって差はありますが、

100万前後~200万くらいかかる場合もあるようです。

治療期間は、2~3年くらいだと言われていますが、治療をやめると元にもどりやすいため、治療した歯が定着するまでを入れると、5年以上はかかるようです。

ワイヤーなどを使うと見た目も気になりますね。

 

 

 

歯医者にいかずに、自力で噛み合わせを治せる???

夢のようなお話しですね。

「べろ回しトレーニング」で噛みあわせを治す方法

左右50回を1セットとして、1日朝・昼・夜の3セット。期間は3ヶ月を目安に毎日行って下さい。

  1. 口を閉じて、舌先を上の右奥歯の外側、歯と頬の間に入れる
  2. 口を閉じたまま歯の外側をなぞるように、右奥歯→前歯→左奥歯の順に舌を移動させる
  3. 同じように今度は舌を下左奥歯と頬の間に入れ、下前歯→下右奥歯→上右奥歯の順に移動させる
  4. 1~3の舌をぐるっと1周させる動きを、2~3秒かけて50回行う
  5. 右回りが終わったら、同じ回数だけ逆回りも行う

この方法はやってみるとわかりますが、とても顎が疲れます。最初は20回程度から始めてみてもいいかも。

ただし、左右同じ回数を行うのがポイントです。

割り箸で噛みあわせを矯正する方法

まずは割り箸を使って、自分の噛みあわせをチェックします。

  1. 割りばしの真ん中あたりを噛んだ状態で鏡を見る
  2. このとき割りばしが水平なら正常、左右どちらかに傾いていたら噛みあわせに異常アリ

噛みあわせに異常があると、顔が歪む原因になります。また、その歪みを無意識に肩で調整しようとするため肩のラインが割り箸と反対方向に傾いているはず。

この歪みは慢性的な肩こりや腰痛の原因にもなります。

この歪みを割り箸で治す方法は以下のとおり。

  1. 割りばしの真ん中に線を入れる
  2. 鏡を見ながら、割り箸を噛む
  3. 2本の前歯の間のラインと、割り箸の線をぴったりと合わせて犬歯のあたりで割り箸を噛みなおす
  4. 3の状態で3分ほどキープ

この3の状態が正しい噛みあわせ。

この噛みあわせを体で覚えるため、最初は3分ほど噛んだ状態をキープ。慣れてきたら、もっと時間を延ばすといいのだとか。

以上、引用させて頂きました。

大人になったら、矯正するのは無理なのでは?

と思いがちですが、今からでも遅くありません。

つらい肩こりが治る以外にも身体の不調が解消されるかもしれません。

私は、「べろ回しトレーニング」を行ってみました。

50回どころではなく、左右10回ほどで、顎も口の周りも疲れてしまいました。

どれだけ頬の周りの筋肉を使っていないかがわかり、ショックです。

私は、噛み合わせが悪いとの意識は少なかったのですが、歯並びがとても悪いので、本当のところは、噛み合わせも悪かったのだと痛感しました。

早速続けてみようと思っています。

もう一つの割りばしの矯正方法も意外と簡単そうと思い、やってみました。

でも、3分って短いようで長いです。

私はパソコンをうちながらやってみました。

だんだんつばが溜まってきて、大変になったので、口をしっかり閉じてやったら何とか大丈夫でした。

肩こりに関する効果は毎日続けないとわかりませんが、一つ

「これっていいな」

と思ったことがあります。

割りばしを噛み続けて何かをやっていると、集中力が増すのです。

いつもは、パソコンを打っていても、気持ちが集中できずに、他のことが気になってきたりするのですが、びっくりするほど同じ姿勢で、同じ作業を続けることができました。

これなら知らない間に時間も経ってしまいます。

ふと時計を見ると5分はすぐに過ぎていました。

(しかし、これは、あくまでも私の主観ですのでご了承ください。)

テレビを見ながらとか、台所仕事をしながら行うのがおすすめかと思います。

もう一つ、

ガムを噛むことで噛み合わせの改善をはかる

というものもあるようです。

やり方は、一日30分ぐらい、口の中の前後左右でバランスよくガムを噛むというものです。

これもある程度の噛み合わせの改善が期待できそうです。

日頃から噛み合わせを意識する

大人だから、今更噛み合わせなんてどうでもいいと考えてしまうのはもったいない事です。

今からでも、治るかもしれないのならチャレンジしてみる価値があります。

矯正で、治していくことも大切ですが、今の状態をこれ以上ひどくならないようにすることも大切です。

生活の中で気をつけるだけでも効果的なことをご紹介します。

  • 食べ物をよく噛んで食べる(片側だけで噛まない)
  • うつぶせ寝、横向き寝をやめる
  • 頬づえをつかない
  • 口呼吸だけをしない
  • 唇をかむのをやめる
  • 口をポカンと開けたままにしない

など、生活の中で注意できるものがほとんどです。

何事も積み重ねです。

今は気にならないことも、年齢を重ねていくと積み重なってしまい、

(もう少し早くから実行しておけばよかった)

と後悔することになってしまうのは悲しいですね。

今、この時に始めたことが、何年か先に

(やっていてよかった)

と、喜びにつながれば、私もとても嬉しいです。

もし、きちんとした「噛み合わせの治療」を希望される場合は、専門である歯科を受診してくださいね。

肩こりは原因によって、治し方も異なります。

こちらの記事を参考にしてくださいね。

👇

誰もが悩む肩こり。原因は血行不良?筋肉疲労?それに伴った解消法について

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

スポンサーリンク