エルケアル 

*

肩こりが楽になるお風呂の入り方、毎日の日課を味方につけよう

      2016/09/07

お風呂でスッキリ

肩こりは筋肉の疲れや、血行不良からくるものです。

その日の疲れはその日のうちに解消したいものですね。

お風呂は、「リラックス効果」や、「冷え性対策」など、私たちの身体に優しい場所です。

心も身体もポカポカに温めて、つらい肩こりを和らげましょう。

今回は、肩こりが楽になるお風呂の入り方についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 

■肩こりとお風呂

肩こりをお風呂に入って解消しましょう。

肩こりの筋肉の状態

同じ姿勢を続けることで筋肉が緊張して硬くなる。

筋肉が硬くなると血行が悪くなる。

血行がわるくなると、神経を刺激する物質が出て、痛みを感じる

痛みの情報によって、自律神経はますます筋肉を硬くしてしまう。

という悪循環になります。

お風呂の役目

お風呂には、身体を温める役目があります。

温かいお湯に浸かることで血液の流れがスムーズになり、肩こりも和らぎます。

適度な水圧や浮力がかかることも肩こりにはメリットとなります。

身体に水圧がかかることで、身体の中の血の巡りをよくしてくれます。

浮力がかかると、どんな効果があるのでしょう。

日中、私たちの肩は、重い頭や腕を支えて筋肉に大きな負担を与えているのです。

お風呂の湯船に浸かることでその負担がぐんと減り、筋肉の緊張を和らげてくれます。

精神面ではリラックス効果もあります。

身体や心の緊張をときほぐしてあげることで肩こりの症状を軽くしてくれます。

一日、一日、少しづつでもつらい症状を軽減できれば、肩こりもひどくなることはありません。

その日のこりはその日の内に解消されるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

効果的なお風呂の入り方

肩こり解消に適するお風呂の入り方を考えてみます。

お湯の温度ですが、20分程度入っていられるくらいの温度が適温です。

その前に、のぼせてしまうようなら、設定温度を1℃下げて、20分トライしてみてはいかがでしょうか?

肩の周りの筋肉も温めてあげてください。

湯船に浸かっても温まりますが、首まで浸かってしまうと、心臓に大きな負担がかかってしまいますので、タオルをお湯に浸して、首に巻いてあげるといいですね。

湯船の中で、肩を上げ下げしたり、首をゆっくり回してあげるとますます効果的ですよ。

身体が温まっているので、筋肉の動きにも負担がかからなくていいですね。

注意すること

熱すぎるお湯の中で、頑張って長時間浸かることは、身体のためにはよくないことです。

のぼせたり、湯あたりして、気分が悪くなったりします。

脱水症状を引き起こしたり、心臓にも大きな負担をかけてしまいます。

肩こりにとてもよいお風呂ですが、急性の症状にはとてもよい効果が得られます。

しかし、慢性の肩こりには、入浴だけでは不十分です。

お風呂以外の方法も取り入れて、きちんと治してあげましょう。

毎日の積み重ねが最大のメリット

私たちは、毎日の生活の中で、同じ姿勢をとり続けることが多くあります。

職場での一日を思い起こしてみてください。

立ちっぱなしの作業。

座りっぱなしの作業。

パソコンに向かったり、デスクワークなど。

一人一人で負担のかかる筋肉は違うかもしれませんが、同じ姿勢をとり続けると、同じ筋肉に負担がかかってしまいます。

そうなると、筋肉の緊張が慢性的になり、血行不良を起こし、肩こりにつながるのです。

仕事をしていると、どうしても連続で同じ姿勢をとることが増えてきます。

いつも、リラックスした状態というわけにはいかないと思います。

そんな時は、一つ一つの動作の合間に、筋肉が息をつく間を作ってあげてみてはどうでしょうか?

(長時間同じ体勢が続いたな)

と感じたら、一呼吸入れる、深呼吸する、伸びをする、屈伸するなど、筋肉の緊張を緩めてあげる動きを入れてほしいと思います。

そして、一日の終わりには、身体中の筋肉をリセットするつもりで、お風呂の湯船にゆったりと浸かって、疲れを取ってあげることが、肩こり防止になるかと思います。

筋肉も和らいで、心もリラックスすれば、身体からこりは取り除かれると思います。

お風呂に入って、湯船につかることは、一日頑張った自分の身体を休めてあげる、ご褒美のようなものです。

首や肩が温まって、

(気持ちいいなあ)

と感じたら、それだけでも肩のこりが和らぎます。

その際に、天井を見あげたり、両手を上に上げて腕や肩の筋肉をゆっくり伸ばしてあげるだけでも、つらい肩の痛みが和らぐと思います。

毎日、血行促進して、筋肉をほぐしてあげられる「お風呂」という場所は、日常の中で自分の身体と向き合える大切な所です。

肩こり解消にも上手に活用しましょう。

でも、

「お風呂に入っている間は気持ちよかったけど、お風呂から出たら、また肩こりの痛みが出てきた。」

という場合には、肩こりの根本的な解消にはなっていないということです。

肩こりが慢性化しているか、他に痛みの原因が隠れている可能性もあります。

違う方法も取り入れて、自分の肩こりと向き合ってみてください。

そして、スッキリした心と身体を目指しましょう。

肩こりは原因によって、治し方も異なります。

こちらの記事を参考にしてくださいね。

👇

誰もが悩む肩こり。原因は血行不良?筋肉疲労?それに伴った解消法について

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

[記事公開日]2016/04/26
[最終更新日]2016/09/07

 - 肩こり