テーブル

抗がん剤の副作用に「骨髄抑制」という
ものがあります。

 

これは血液の成分に影響を与えるもので
その中でも代表的なものが白血球の減少
です。

 

この副作用は目に見えるものではありま
せんが、自分の身体には様々な影響を及
ぼすということを知りました。

 

今回は骨髄抑制副作用が私にもたらし
た症状についてお話しします。

 

スポンサーリンク

抗がん剤!AC療法(副作用)

抗がん剤AC療法の副作用の続きです。

●白血球減少編

この抗がん剤の副作用は、私の場合で
言えば身体的にはあまり影響があった
ようには思えませんでした。

 

抗がん剤のAC療法を行うことで、身体
の中の白血球の数が一時的に激減します。

 

正確には

「骨髄抑制(こつずいよくせい)」

と言います。

 

これは、

白血球・好中球減少による「感染」

血小板減少による「出血傾向」

赤血球減少による「貧血症状の出現」

をひっくるめての副作用です。

 

その点でいうならば、私は自覚症状は

「貧血」

が一番強かった気がします。

 

鼻血がでるとか、出血が止まらないとい
う状態はありませんが、フラフラしたり
疲れやすかったです。

 

白血球の減少で起こる「感染」という点
でもこのときは運が良かったから何事も
なかったのだと思います。

 

私は最初、抗がん剤のAC療法の副作用が
どんなものかわかりませんでした。

 

ですので主治医に疑問に思っていることを
尋ねました。

 

「せんせい、この抗がん剤をやりながら、
仕事と両立させている方はいらっしゃい
ますか?」と。

 

ドクターは苦笑いしながら、

「ほとんどいないね」

と答えてくださいました。

 

負けず嫌いな私は、

「それなら、私が両立してみせますね」

と無謀なことを宣言してしまいました。

 

そして後で思い知るのです。

 

(やはり、抗がん剤の治療を受けながら
仕事との両立は無謀だった)と。

(フラフラする)

これは副作用の「吐き気・嘔吐編」でも
書いたのですが、実際は骨髄抑制による
貧血症状だったのかもしれません。
↓ ↓ ↓
乳がん、吐き気との闘い(副作用を抱えて職場へ)

 

階段はもちろんですが、部屋から部屋へ
と数歩歩くだけでも息切れがします。

 

職場でも、何分か立っているだけで心臓
のあたりがバクバクします。

 

小学生の頃、校庭で行われた朝礼の際に
校長先生の話が長くて貧血で倒れる寸前
の気分によく似ていました。

 

すぐにその場にかがみこんでしまうこと
が何回もありました。

 

その後は椅子に座っての仕事となりました。

 

抗がん剤AC療法の1クールめでドクターに
宣言した強い思いが早くも打ち砕かれつつ
ありました。

 

目まいで、周りの景色が揺れるような錯覚
もありました。

(採血の回数が多くて腕が痛い)

抗がん剤の点滴も含めて、白血球の数を調
べるための採血もありました。

 

そのため、左腕は針を刺した後とその失敗
のために青黒くなった後がなかなか消えず
痛みも続きました。

 

私の左腕には、真っすぐで大きな血管もあ
ったのですよ。

 

でも、回数を重ねると固く細くなってしま
うんでしょうか?

 

同業であるがゆえにナースさんの苦労も痛
いほどわかります。

 

大変だろうなと感じる気持ちと、自分が採
血や点滴を行うときの患者さんの気持ちも
少しだけわかりました。

 

今でも点滴は大嫌いです。

 

これは抗がん剤AC療法の副作用

「注射部位における皮膚障害」

ともかぶります。
↓ ↓ ↓
副作用の一つ注射部位の痛みおよび血管痛

 

スポンサーリンク

(一度、白血球がかなり減ってあわや入院に!)

抗がん剤のAC療法も最後の4クール目
を目前にした一週間前の採血の日!

 

その採血をすませれば、明日からは楽
しみなゴールデンウィークという日で
した。

 

いつものように通院して結果を聞こう
と診察で名前を呼ばれるのを待ってい
ました。

 

主治医に呼ばれて診察室に入っていくと、

「今日はご主人も一緒?」

と切り出されました。

 

「ん?」

と思いながらも、たまたま車で病院まで
送ってくれ駐車場で待っていた主人を
呼びにいき、改めて主人と一緒に診察室
へ入りました。

 

すると検査結果の紙を見ていたドクターが

「これは、入院かなぁ」

と顔をあげてこちらを見ました。

 

主人と私は「え?」と二人同時に言って
しまいました。

 

だって自分の体調的にはそれほど変わり
はなかったのですから・・・・・

 

ドクターいわく、白血球が過去最低の数
値で普通なら無菌室に入るくらいの値だ
とか。

 

白血球の正常値は大体3500~9800です。

 

それまでは、いくら少なくなっても1000
を切ることはなかったのにその日の値は
700!

 

好中球という成分の値もかなり悪くて3日
程入院しましょうということでした。

ショックにうちのめされた私

明日から長期のお休みで、娘と3人で出か
ける予定を立てていたのでショックでした。

 

吐き気や嘔吐などの一番ひどくてつらい
副作用も、点滴予定の一週間前くらいから
ずいぶんよくなります。

 

ご飯も普通に食べられて、気分の悪さも
ほとんどなく、おまけに体調が一番安定
している時期に重なった長期の休み。

 

こんなに最高のシチュエーションはなか
ったのに・・・。

 

主人も隣でうなだれている私を見かねた
のか、

「自分が気をつけて無理しないようにさ
せますから」

とドクターにお願いしてくれました。

 

いつも穏やかで優しいドクターもこの時
ばかりは意見を曲げてはくれませんでした。

 

「僕もね子供もいますし、お気持ちは
わかります。つらい治療の合間に家族で
出かけたいという気持ちも・・・・・

でも、○○○さんはまだこの先、よく
なってから何度も出かける機会はある
から。

今回はあきらめて大人しくしていて
ください。」

 

口調は優しくても嫌とは言えない雰囲気
でした。

私も自覚はなかったのですが、かなりの
ショックを受けていたみたいで、自分で
も気がつかないうちにボロボロと涙を流
していました。

条件付きで入院を免れました

結局、せっかくのお休みだからと条件
つきで通院治療にしてもらいました。

  • 外出はしない
  • やむを得ない場合も人混みには
    行かない
  • 家の中で家族しかいなくても
    マスクはつけておく
  • 3日間は点滴と注射をうって
    もらうために通院する

という内容でした。

(骨髄抑制の回復のための注射は叫ぶくらい痛い!)

白血球がかなり減って次の抗がん剤治療
ができないかもしれないと判断された際
に筋肉注射をうってもらいます。

 

これで白血球の数を回復させるのです。

 

この注射を何度かうってもらったのですが
これが叫ぶくらい痛いのです。

 

そばにいるナースさんからも

「痛いよ~」

とささやかれます。

 

そうは言っても目をギュッとつむって
唇をかみしめているうちに終わるだろう
と思っていました。

 

でも何度やっても途中で「痛~い」
叫んでしまうのです。

 

この注射をうってもらった後この薬の
副作用だとは思うのですがとても腰が
痛くなって何度も床の上を転げ回りま
した。

 

つらかったです。

 

その後は何とか白血球の値も回復して
次の抗がん剤を受けることができました。

 

以上がAC療法の副作用である白血球減少
についての体験と感想です。

 

「脱毛」「吐き気・嘔吐」「白血球減少」
と書いてきましたが副作用はまだまだ続き
ます。

 

よくなるためにやっているのに、この時の
私の精神状態はどんどん病人に近付いてい
きました。

 

抗がん剤の副作用についての記事です
↓ ↓ ↓
乳がん!抗がん剤副作用(吐き気、嘔吐)

乳がん!抗がん剤副作用(脱毛)

乳がん!抗がん剤副作用(口内炎、皮膚、爪、卵巣への影響)

 

乳がんの他の記事についてはこちらを
どうぞ
↓ ↓ ↓
あなたにも知ってほしい!乳がん「トリプルネガティブ」の私が体験した治療や検査

最後までお読みいただきありがとう
ございます。

感想やご意見など、どんなささいな
ことでも気軽にコメントくださいね。

スポンサーリンク