エルケアル 

*

妊娠中の貧血で気になるのは赤ちゃんへの影響。改善するにはやっぱり食事?それとも薬?

      2016/09/07

貧血っぽい

女性に多いと言われる「貧血」。

妊娠中でも多くの女性の悩みの種です。

妊娠中に起こる貧血はあなたの身体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響を与えることになりますから、よけいに気になりますよね。

今回は妊娠中の貧血についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 

■妊娠中は、特に貧血になりやすい時期

妊娠前に比べると、妊娠中は特に貧血になりやすいものです。

ですので、妊娠前に貧血になったことがなくても、妊婦検診などで、

「少し貧血の症状が出ていますね」

などと、医師から言われることがあっても不思議ではありません。

赤ちゃんの成長に大きく関係する

お腹の赤ちゃんは、お母さんであるあなたの血液から酸素や栄養をもらって大きくなります。

あなたは自分の分と赤ちゃんの分の血液を体中に送る必要があるのです。

しかし、その分赤血球が増えるわけではなくて、あなたの身体の中から赤ちゃんに優先的に鉄分などが送られることになります。

普通に食事で補っていられるうちはいいのですが、妊娠前に比べて鉄分がたくさん必要になることで、あなたの身体の中の鉄分だけでは間に合わなくて、貧血になってしまうのです。

妊婦さんの30~40%は「鉄欠乏性貧血」になると言われています。

あなたの身体に現れる症状

一般的な貧血の症状が出ます

  • めまい
  • 動悸
  • 息切れ
  • 疲労感

などです。

お腹の赤ちゃんに与える影響

発育が悪くなることがあります。

未熟児になったり、身体が弱い子供になることも・・・

貧血を改善すれば心配はありません。

できることからやっていきましょうね。

 

スポンサーリンク

 

 

■妊娠中の貧血を改善するには

妊娠中だと、色々なお薬に頼ったりできないのでは?

不安な気持ちになると思います。

でも、きちんと治療法はあります。

使えるお薬もありますし、程度が軽ければ毎日の食事を意識するだけでもずいぶん違ってくるものです。

あなたにできること

妊娠初期であれば、まだまだ食事で治ることもあります。

つわりの時期ですと、栄養を考えての食事は無理かもしれませんが、

つわりが治まってからなら、「貧血」対策の食事を取り入れてみましょう。

また、中期や後期になって食事だけではなかなか改善できなくても、大丈夫です。

お薬によって、貧血は治ります。

その時々のドクターの指示にしたがって、貧血改善に取り組みましょう。

食事によって貧血を改善する

一番自然に、いつでも誰でも、取り組みやすいのが、食事による貧血改善です。

あなたの貧血がまだ軽度のものであったり、妊娠初期の場合は食事での改善のみで済む場合も多いです。

今、あなたが妊娠初期で、まだ貧血だと言われていなくても、貧血を予防するために、今から食事に気をつけておけば、中期や後期になっても、お薬を飲まずに済むかもしれませんね。

食事で改善するには、鉄分を多く含む食材を摂りいれることが効果的です。

鉄分を多く含む食材だけでなく、鉄分の吸収を高める食材なども一緒に摂りいれることで、貧血改善に効果が出てきます。

詳しくは、こちらをどうぞ

👇

鉄欠乏性貧血の予防と治療にはやっぱり食事改善から。生活習慣も一緒に見直してみましょう。

お薬によって貧血を改善する

食事で改善できなくても心配ありません。

妊娠中でも飲める鉄剤のお薬があります。

胃が荒れることを考慮して胃のお薬と一緒に服用することが多いです。

ただ、中には、鉄剤を飲むにあたって、胃がムカムカして飲めない、吐いてしまう、下痢や便秘になってしまう、などの症状が出る人もいます。

もし、あなたが鉄剤を飲めないときはドクターに早めに相談してくださいね。

注射や点滴で貧血を改善する方法もあります。

こちらもご覧くださいね

👇

鉄欠乏性貧血を治すための食事改善以外の方法、鉄剤を内服する?それとも注射する?

貧血は珍しくない症状です

妊婦さんでなくても一般の女性にも多い「貧血」です。

特別に気負うことはないですよ。

食事で改善したり、お薬などでも治ります。

ただ、妊婦であるあなたにとっては、つわりの時期があるときには食事での改善はなかなか思うようにいかずにあせってしまうかもしれません。

貧血の度合いが進まなければ、つわりの気持ち悪さが治まってからでも食事改善は十分間に合います。

最初から貧血の程度がひどい場合にはお薬もありますからね。

きちんと貧血を治していけば赤ちゃんにはほとんど影響は出てきません。

あなたの貧血が少しでも早く改善することを願っています。

👇

妊娠したあなたに読んでほしいこと

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

[記事公開日]2016/04/02
[最終更新日]2016/09/07

 - 妊娠