エルケアル 

*

妊娠希望なら知っておくべき子宮外妊娠の危険性。いつどんな症状で起こるのか

      2016/09/06

腹痛

生理が遅れていると思ってたら、やっと出血が来た。

でも今回の生理痛はちょっとひどいなあ。

普段の生理痛は1日、2日で治まるのに、今回は3日目になってもよくならないし、ますます痛くなってる。

生理痛のお薬を飲んでいれば大丈夫かしら???

そう思っているあなた、

ちょっと待ってください!!!

それって、もしかしたら、妊娠しているかもしれませんよ。

その症状、「子宮外妊娠」の可能性もありです。

今回は、「子宮外妊娠」についてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

■子宮外妊娠について

子宮外妊娠についてお話しします。

子宮外妊娠とは?

通常妊娠とは、子宮の中に妊娠することです。

子宮外妊娠とは、文字通り、子宮以外の場所に妊娠の兆候が見られるものです。外妊(がいにん)とも呼ばれます。

外妊

上の図にある妊娠はすべて「子宮外妊娠」です。

子宮外妊娠の原因

「子宮外妊娠」は妊娠女性1000人に5~15人くらいの割合で発生します。

その99%は「卵管妊娠」であり、妊娠中絶手術や、腹部の病気などで腹部の細胞組織と卵管の細胞組織がくっついて癒着(ゆちゃく)という状態を起こしたことが原因の一つになる場合もあります。

卵管の傷や癒着があるために、受精した卵が卵管をスムーズに通ることができず、子宮までたどり着かないことで、卵管の途中に着床して、「子宮外妊娠」になってしまうのです。

その他の原因としては、「クラミジア頸管炎」や「淋菌」という性感染症が原因で起こることもあります。

これらの感染症で炎症を起こした卵管の中の繊毛の働きがうまくいかなくて、受精卵を運ぶ働きの低下によって、「子宮外妊娠」に至ってしまうこともあります。

子宮外妊娠の症状とは?

妊娠の一つでありますから、妊娠初期の症状は、正常妊娠とほぼ同じです。つわりなども普通にありますし、おしっこの妊娠反応もきちんと陽性に出ます。

子宮外妊娠としての症状は、最初は軽い下腹部痛です。ピンク色のおりものや少量の出血が続くこともあります。

しかし、着床した受精卵が育つにつれて痛みは激しいものに変わります。

そして万が一、卵管破裂が起きてしまった場合は、お腹の中で大量に出血して、血液が溜まってしまいますので、さらに強い腹痛と共にショック症状を起こすこともあります。

これによって、命を落としてしまうことだってありうるのです。

ですので、エコー検査によって子宮内に胎のうが確認されるまでは症状に気をつけましょうね。

 

スポンサーリンク

 

 

子宮外妊娠は繰り返す?

子宮外妊娠は繰り返すと言われています。

自然妊娠で子宮外妊娠になる確率は1000人に5~15人の割合だと申し上げました。確率的に1%です。

しかし、一度子宮外妊娠を体験した女性がもう一度、子宮外妊娠になる確率はなんと10%にも及びます。

これはかなり高い確率だと思います。

なぜ、このように確率が高いかと言いますと、

一度経験したときに、その原因となったことが解消していないせいです。

例えばクラミジアや淋菌になったというのに、まだきちんと治療していないとか、腹部の手術での癒着や卵管についた傷が原因の場合は、一度子宮外妊娠を経験したからと言って、その傷自体が治る訳ではないからです。

そのため、繰り返すというよりは、何度妊娠しても同じ場所で受精卵が詰まってしまう可能性があるからです。

このことを子宮外妊娠の再発ととらえられることもあります。

両方の卵管を「子宮外妊娠」で失ったという女性もいます。

両方の卵管をなくすということは、自然妊娠が難しくなるということです。

しかし、人工授精などで子供を産むことは可能であり、実際にそうやってお母さんになっている人もいます。

気持ちの切り替え

あなたが、子宮外妊娠で、もしも卵管を失ったとしたら、それはあなたのせいではありません。

記事の中で原因となりうる事柄をあげましたが、「子宮外妊娠」は一定の確率で誰にでも起こりうることです。

何度もいいますが、

あなたのせいではありません。

卵管を片方無くしても、もう片方あります。

両方無くして、自然妊娠ができなくなったとしても、子供を授かることはできます。

今は、悲しみで何も考えられないと思いますが、

「子宮外妊娠」を放っておいてあなたの命が危険になることを誰も望んでいません。

あなたは、「子宮外妊娠」によって、無くしてしまうかもしれなかった自分の命を無くさずに済んだのです。

それは、あなたを取り巻く家族や愛する人にとっては一番大切なことです。

新しい命の誕生は尊いものですが、それよりも大切なのは、あなたの命です。

私は、子宮外妊娠ではありませんが、「流産」を経験しています。

その時は、誰から慰められても涙が枯れることはなく、辛い日々を送りました。

あなたにも、時間は必要かもしれません。

でも、あなたが生きていてくれてよかったとみんな思っているはずです。

その人たちの顔を思い浮かべて早く笑顔になれることを祈っています。

「子宮外妊娠」という経験がない人も、妊娠初期の症状には気を付けて、少しでもおかしいと思う症状があったら、すぐに産婦人科を受診してくださいね。

👇

妊娠したあなたに読んでほしいこと

不安や聞きたい事など何でもかまいません。コメント・メッセージください。

[記事公開日]2016/03/20
[最終更新日]2016/09/06

 - 妊娠